牛の発情、疾病兆候を
人工知能がスマホにお知らせ。



無料資料請求

クラウドと人工知能で、飼養管理が大きく変わる

Farmnote Colorはリアルタイムに牛の活動情報を収集し、取得したデータはFarmnoteに保存され、活動・反芻・休息を計算します。その情報から繁殖で重要な発情、疾病の疑いなど注意すべき牛を自動的に選別しスマートデバイスに通知します。
データは人工知能が個体別に学習し、個体差を考慮して分析を行うためデータが増えるほど精度が高い異常検知が可能になります。

乳牛・肉牛のどちらでも。
フリーストールやフリーバーン、タイストール・つなぎ牛舎(酪農)でご利用が可能です。


ハードウェアはそのままに、クラウドを活用したバージョンアップにより機能追加が継続して行われます。

データはFarmnoteと連携

Farmnote Color のベースソフトウェアは 3,800もの生産者にご利用いただいている牛群管理システム「Farmnote」。ひとつのシステムで様々な牛のデータを管理することが可能になります。
すでにFarmnoteをご利用いただいているお客様は個体データを利用して、かんたんにColorと連携・統合させることができます。組み合わせることで、より精度の高い異常検知が可能となります。



Farmnote_flow_2.png

牛の行動がグラフィカルに

Farmnote Colorが取得したデータはFarmnoteの個体データにグラフとして表示されます。発情は何時にはじまり、授精適期は何時か。
活動量・反芻時間はどのタイミングで減っているかが一目瞭然です。

Farmnote Colorは、牛舎に人がいない夜間や不在時も大切な牛をみまもります。

発情グラフ

行動分類グラフ

注意牛を精度良く探し出します

Farmnoteに保存されている分娩日・乾乳日などのデータと活動データを組み合わせて異常検知に活用することで、より精度の高い異常検知が可能となります。

カスタムリスト(牛を様々な条件で検索する機能)で、反芻時間や行動量が低下している牛、推定流産牛、推定周産期疾病牛、乳量低下と活動低下による推定疾病牛の検知など、牧場ごとに見たい項目のカスタマイズが可能です。

個体識別はスマートデバイスで

スマートデバイスをFarmnote Colorに近づけるだけでFarmnoteが起動し、その個体の疾病履歴や繁殖情報が瞬時に検索・表示されます。

農業向け中継基地局「Farmnote Air Gateway」

Farmnote Air Gateway は3G/LTEのモバイル回線を経由してインターネットに接続し、Farmnote Colorの活動データをFarmnoteに転送します。今後、Farmnote Colorに限らずあらゆる農業関連デバイスとのデータ連携を目指しています。

価格は? 導入事例は?
Farmnote Color資料請求

酪農・畜産生産者さま以外の方はこちらからお問い合わせください

お名前
会社名・牧場名
電話番号
メールアドレス
都道府県
市区郡
飼養頭数
経営形態

※お客様の個人情報については、株式会社ファームノートにおいて使用する可能性があります。 ご了承の上お申込みください。詳しくはこちらのプライバシーポリシーをご参照ください

このエントリーをはてなブックマークに追加

About Farmnote

株式会社ファームノートは「世界の農業の頭脳を創る」を理念とする農業 IoTソリューションカンパニーです。最先端の技術で酪農・畜産の生産性向上と効率化を推進し、日本の強い農業と持続可能な地球の豊かさ、人々のよりよい「生きる」に貢献したいと考えています。

Farmnote、ファームノートは株式会社ファームノートの登録商標です。

Address

株式会社ファームノート
〒080–0847 北海道帯広市公園東町1丁目3-14
TEL:0155-67-6911(平日:10:00-18:00)

Social

“Download Get it on Google Play