【終了】暑熱ストレス下で乳牛の体の中では何が起こっているか

乳牛にとっての最適気温帯は5 〜20℃です。
今日、北海道でも30℃を超える日が珍しくない日本において暑熱ストレスは避けて通ることが出来ません。

暑熱ストレスの影響は泌乳量、繁殖成績、飼料効率、行動の変化、蹄病等の疾病発生と多岐に渡ります。この影響と対策を有機ミネラルのパイオニア企業であるジンプロ社が牛舎構造、換気、冷却装置等の多角的観点から解説します。また微量ミネラルである亜鉛、銅、マンガン等がなぜ暑熱ストレスの低減に必要なのか?有機ミネラルの有効性についても解説します。

対象

酪農生産者の方

放送概要

日程:2021年4月22日(木)
時間:10:30-12:00
費用:無料(事前お申し込み制)

略歴

髙尾佳伸 氏
ジンプロアニマルニュートリション(ジャパン), インク.
テクニカルセールスマネージャー

speaker_yoshinobu-takao.jpg

ご案内

  • ファームノートの同業他社様によるお申し込みはお断りする場合がございます。
  • 途中の入退室は自由です。

お申込み後にメールが届かない等のお問い合わせ先

株式会社ファームノート WEBセミナー担当
電話:0120-006-521(平日10:00-18:00)
メール:support@farmnote.jp

参加お申し込み

受付は終了いたしました。

この記事をシェアする