Farmnote利用許諾(マスターサブスクリプション契約)変更のお知らせ(施行日:2021年3月22日)

平素よりファームノートをご利用くださりありがとうございます。 このたび、「Farmnote 利用許諾(マスターサブスクリプション契約)」(以下、「現行規約」といいます)の内容を見直し、全面的に改定することとなりました。名称も、「ファームノート サービス利用規約」(以下、「変更後規約」といいます)となります。 改定日および現行規約からの主な変更点は下記のとおりです。変更後規約の内容は、こちらをご確認ください。なお、現行規約にご同意いただいたお客様とのご契約には、変更後規約にご同意いただくまで、引き続き現行規約が適用されます。 今後ともファームノートをご愛顧賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

1. 改定日:2021年3月22日

2. 現行規約からの主な変更点

  • サービスの利用だけでなく、サービス利用のためにお買い上げいただく当社製品の売買契約にも、この規約の一部を適用することとしました。【第1条第3項】
  • 規約の変更に関する規定を設けました。【第3条】
  • 販売店経由で規約に同意されるお客様に対する、規約の適用に関する規定を設けました。【第4条】
  • お客様からのお支払いが滞った場合には、当社はお客様に遅延損害金を請求できるほか、サービスの利用停止等措置を取ることができる規定を設けました。【第7条第3・4項】
  • ご契約の自動更新をしない場合の通知期限を、期間満了の1ヶ月前までに変更しました。また、更新時の利用料の変更についても規定しました。【第9条第1項、第8条第2項】
  • サービス利用のためにお買い上げいただく当社製品または当社から貸与される関連機器について、納品・検収、保証、利用・返却(貸与される関連機器のみ適用)について規定を設けました。【第11条〜第13条】
  • 2020年3月に策定された農林水産省の「農業分野におけるAI・データに関する契約ガイドライン」(以下、「ガイドライン」といいます)に準拠し、データの取扱に関する規定を設けました。【第4章(第17条〜第28条および別表)】
  • お客様および当社の秘密保持義務を定める規定を設けました。【第29条】
  • 契約上、お客様から当社に対して、および当社からお客様に対して通知が必要な場合の、通知先および通知手段について規定を設けました。【第33条】

以上

株式会社 ファームノート 会社概要

本社:北海道帯広市公園東町1-3-14
東京オフィス:東京都港区白金台2-26-10
札幌オフィス:北海道札幌市東区北8条東4-1-20
代表者: 下村 瑛史
設立: 2013年11月28日
URL:https://farmnote.jp/

この記事をシェアする