ファームノートサミット2019は日本最大級のフード&アグリカンファレンスです。

経営者、生産者、関係団体が真剣な議論から共に知恵を出し合い、
食と農がより前進することを通じて社会的インパクトを出すことを目的としています。

総勢20名を超える登壇者で構成される全10のセッションは、
「ビジョナリーセッション」と「テクニカルセッション」の二つにカテゴリーが分かれており、
お好きなセッションを聞くことができます。またセッションの間には「コミュニティブレイク」が用意されており、
登壇者や参加者とコミュニケーションを取りながら議論できる場を用意しております。

会場全体での相互コミュニケーションによる、熱量の高いコミュニティ形成を目指しています。
ぜひお申込み、ご来場をお待ちしております!

Visionary Session ビジョナリーセッション
ビジョナリーセッション

Technical Session テクニカルセッション
テクニカルセッション

10:00
10:00

Opening Session

小林 晋也
株式会社ファームノートホールディングス
代表取締役

1979年生まれ、北海道帯広市出身。旭川工業高等専門学校卒、機械工学専攻。機械部品商社に入社し、FA(ファクトリーオートメーション)分野で精密機械の拡販を担当。2004年帯広市に有限会社スカイアークシステム(現 株式会社スカイアーク)を創業。大手企業へのCMS・ブログシステム・社内SNSの普及に貢献。「世界の農業の頭脳を創る」という想いから2013年に株式会社ファームノート、2016年にファームノートホールディングスを創業。同年、日経ビジネス「次代を創る100人」に選出。2019年に日経BP社主催「第17回日本イノベーター大賞・日経ビジネスRaise賞」の他、経産省・農水省主催「第5回 日本ベンチャー大賞・農林水産大臣賞(農業ベンチャー賞)」を受賞。

略 歴
11:00
11:00
Visionary Session

新しい市場を創る、
食と農を変える
起業家特集!

秋元 里奈
秋元 里奈
株式会社ビビッドガーデン
代表取締役
略 歴
濱田 安之
濱田 安之
株式会社農業情報設計社
代表取締役
略 歴
橋本 舜
橋本 舜
ベースフード株式会社
代表取締役
略 歴
菱木 豊
菱木 豊
inaho株式会社
代表取締役
略 歴
Technical Session

先端農業の可能性を
徹底討論!

岩佐 大輝
岩佐 大輝
株式会社GRA
代表取締役
略 歴
安田 瑞希
株式会社ファームシップ
代表取締役
略 歴
浅井 雄一郎
浅井 雄一郎
株式会社浅井農園
代表取締役
略 歴
12:15
12:15

Lunch Session / Lunch Time

Lunch Session / Lunch Time

伏見 康生
株式会社Guardian
代表取締役 獣医学博士
略 歴
池田 哲平
池田 哲平
株式会社BRAST
代表取締役 獣医師
略 歴
奥 啓輔
奥 啓輔
株式会社
トータルハードマネジメントサービス
獣医師
略 歴
13:15
13:15
Visionary Session

食と農を
「クリエイティブ」する、
経営者のビジョン

村岡 浩司
村岡 浩司
株式会社一平ホールディングス
代表取締役
略 歴
ほかご登壇者調整中
杉山 雅則
杉山 雅則
株式会社満寿屋商店
代表取締役
略 歴
Technical Session

採用、組織
マネジメントについて
相談したい!

富山 浩樹
富山 浩樹
サツドラホールディングス
株式会社 
代表取締役
略 歴
榎戸 康二
榎戸 康二
創援株式会社
代表取締役
略 歴
池本 博則
池本 博則
株式会社マイナビ
代表取締役
略 歴
14:30
14:30

コミュニティブレイク(休憩)

15:00
15:00
Visionary Session

これからの農業の
「ありかた」について語ろう

須藤 晃
須藤 晃
須藤牧場
代表取締役
略 歴
阿部 寛樹
阿部 寛樹
有限会社阿部牧場
代表取締役
略 歴
前田 茂雄
前田農産食品株式会社
代表取締役
略 歴
小倉 修二
有限会社トヨニシファーム
代表取締役
略 歴
Technical Session

Farm to Table」の
現状とこれから

山澤 修平
株式会社イー・カムトゥルー
執行役員
略 歴
新村 浩隆
新村 浩隆
有限会社十勝しんむら牧場
代表取締役
略 歴
ほかご登壇者調整中
16:15
16:15

コミュニティブレイク(休憩)

16:45
16:45
Visionary Session

これからの企業経営に
求められているものとは?

富山 浩樹
富山 浩樹
サツドラホールディングス株式会社
代表取締役
略 歴
田口 一成
田口 一成
株式会社ボーダレス・ジャパン
代表取締役
略 歴
榎戸 康二
榎戸 康二
創援株式会社
代表取締役
略 歴
Technical Session

顧客とつながる、
コミュニティを
大切にする経営とは

阿部 岳
株式会社ファームステッド
代表取締役
略 歴
竹下 耕介
竹下 耕介
有限会社竹下牧場
代表取締役
略 歴
ほかご登壇者調整中
18:00
18:00

懇親会

20:00
20:00

<開催への想い>

弊社代表小林が本イベント開催にあたっての想いをnoteに執筆しました。
https://note.mu/usa2jp/n/
n265042b56380

<開催概要>

日時 2019年12月17日(火)
【サミット】10:00-18:00予定
【懇親会】18:00-20:00予定
※変更される可能性がございます
※途中入退場も可能です
場所 ベルクラシック帯広
〒080-0012 北海道帯広市⻄2条南35丁目1番27号
※サミット会場・帯広駅間にて無料シャトルバスを
ピストン運行予定です。
駐車場 あり
定員 300名
参加費
  • 早割 8,000円(2019年11月18日お申込みまで)
  • 通常 10,000円
  • ※税込
    ※領収書発行、お支払い方法は別途ご案内をいたします。
    ※参加費には昼食、懇親会費が含まれています。
    参加方法
  • 招待制
  • ※応募フォームの紹介者欄には、本イベントの案内を受けたお知り合いの方のお名前または弊社関係者名をご記入ください。

    ※一般枠での参加ご希望の方はこちらまでお問い合わせください。
    株式会社ファームノート カスタマーデスク
    TEL: 0155-67-6911 (平日:10:00-18:00)
    メール: cs@farmnote.jp
    対象
  • 経営者
  • 農業生産者、従事者
  • 食品関係従事者
  • 関係団体
  • 学生
  • 主催 株式会社ファームノートホールディングス
    共催 帯広市
    小林 晋也
    小林 晋也
    株式会社ファームノートホールディングス
    代表取締役

    1979年生まれ、北海道帯広市出身。旭川工業高等専門学校卒、機械工学専攻。機械部品商社に入社し、FA(ファクトリーオートメーション)分野で精密機械の拡販を担当。2004年帯広市に有限会社スカイアークシステム(現 株式会社スカイアーク)を創業。大手企業へのCMS・ブログシステム・社内SNSの普及に貢献。「世界の農業の頭脳を創る」という想いから2013年に株式会社ファームノート、2016年にファームノートホールディングスを創業。同年、日経ビジネス「次代を創る100人」に選出。2019年に日経BP社主催「第17回日本イノベーター大賞・日経ビジネスRaise賞」の他、経産省・農水省主催「第5回 日本ベンチャー大賞・農林水産大臣賞(農業ベンチャー賞)」を受賞。

    閉じる

    秋元 里奈
    秋元 里奈
    株式会社ビビッドガーデン
    代表取締役

    神奈川県相模原市の農家に生まれる。慶應義塾大学理工学部を卒業後、DeNA へ入社。webサービスのディレクター、営業チームリーダー、新規事業の立ち上げを経験した後、スマートフォンアプリの宣伝プロデューサーに就任。2015 年より、農業分野の課題に直面し起業を決意。2016 年11 月に株式会社ビビッドガーデンを創業。

    閉じる

    濱田 安之
    濱田 安之
    株式会社農業情報設計社
    代表取締役

    1970年北海道室蘭市出身。1996年に北海道大学農学部卒業後、農業機械の研究者として性能や安全性の評価試験や情報化・自動化に関する先端技術を開発するとともに、国内の大手農機メーカーや工業会と連携して農業機械間の通信制御の共通化に取り組んできた。2014年4月に農業情報設計社を設立。GPSを利用して真っ直ぐ等間隔、効率的な走行と作業を実現するトラクター運転支援アプリ「AgriBus-NAVI」は世界140か国の農業者に愛用されている。研究者として培った知見を生かし、「より良い農業へのチャレンジを支える」べく農業機械を中心とした農業生産技術の自動化やロボット化、情報化といった農作物・畑・田んぼそして農業者に一番近い先端技術の開発・提供に取り組んでいる。

    閉じる

    橋本 舜
    橋本 舜
    ベースフード株式会社
    代表取締役

    1988年生。東京大学教養学部卒。DeNAに新卒入社し、新規事業を担当。2016年6月に独立し、ベースフードを創業。「主食をイノベーションして健康をあたりまえに」をミッションとし、自身で100回以上の試作をして、世界初の完全栄養の主食 BASE PASTA を作り上げる。現在、BASE BREAD も好評販売中。ICC 2018 FUKUOKA スタートアップ・カタパルト準優勝。2018年12月にガイアの夜明けで紹介。D2C/FoodTech企業としてメディア掲載多数。

    閉じる

    菱木 豊
    菱木 豊
    inaho株式会社
    代表取締役

    1983年生まれ。鎌倉育ち。大学在学中にサンフランシスコに留学し、帰国後中退。東京調理師専門学校に転学し、卒業後に不動産投資コンサルタント会社に入社。4年後に独立し、不動産投資コンサルの仕事をしながら、2014年に株式会社omoroを設立。音楽フェスの開催、不動産系Webサービスを開発運営後に事業売却し、2017年に解散。2014年に人工知能の学習を開始し、地元鎌倉の農家との出会いから、農業AIロボットの開発を着想。全国の農家を回りニーズ調査を進め、2017年1月にinaho株式会社を設立。鎌倉を拠点に、世界初のアスパラガスやキュウリ等を汎用的に収穫できるロボットを開発。収穫ロボットを軸として、一次産業全般のAIロボティクス化を進めている。Forbes誌の「アウトサイダー経済」特集にて、Agriculture4.0の旗手となるアウトサイダーとして紹介される。

    閉じる

    岩佐 大輝
    岩佐 大輝
    株式会社GRA
    代表取締役

    1977年、宮城県山元町生まれ。日本および海外で複数の法人のトップを務める起業家。2002年、大学在学中にITコンサルティングサービスを主業とするズノウを起業。2011年の東日本大震災後は、壊滅的な被害を受けた故郷山元町の復興を目的にGRAを設立。先端施設園芸を軸とした「東北の再創造」をライフワークとするようになる。農業ビジネスに構造変革を起こし、ひと粒1000円の「ミガキイチゴ」を生み出す。趣味はサーフィンとキックボクシング、人生のテーマは「旅するように暮らそう」。

    閉じる

    安田 瑞希
    株式会社ファームシップ
    代表取締役

    準備中

    浅井 雄一郎
    浅井 雄一郎
    株式会社浅井農園
    代表取締役

    大学卒業後、経営コンサルティング会社等を経て、三重県津市にある家業(花木生産)を継承し、第二創業として2008年よりミニトマトの生産を開始。品種開発~生産管理~加工流通まで独自の農業バリューチェーンを構築しながら生産規模拡大に取り組み、国内トップクラスの農業生産法人に成長。農業経営の傍ら、三重大学大学院においてトマトのゲノム育種研究に取り組み、博士号を取得。農作業者ではなく「Agronomist(農学士)」の育成に取り組み、「常に現場を科学する研究開発型の農業カンパニー」を目指す。2013年に辻製油および三井物産との合弁会社「うれし野アグリ」、2018年にデンソーとの合弁会社「アグリッド」を設立し、農商工連携により次世代型農業のモデル構築に挑戦している。

    閉じる

    伏見 康生
    株式会社Guardian
    代表取締役 獣医学博士

    1980年11月 埼玉県に生まれる
    2008年3月 鹿児島大学農学部獣医学科 卒業
    2008年4月 (有)シェパード 入社
    2012年10月 山口大学大学院連合獣医学研究科博士課程 入学
    2016年3月 学位取得(獣医学博士)
    2016年3月 (有)シェパード 退職
    2016年 4月 (株)Guardian 設立

    閉じる

    池田 哲平
    池田 哲平
    株式会社BRAST
    代表取締役 獣医師

    1983年8月、大阪府生まれ。
    2009年3月、北海道大学獣医学部 卒業。
    同年4月より有限会社シェパード (鹿児島県)にて5年間、肉用牛の個体診療や牧場コンサルティング業務に従事。 2014年4月北海道大学に戻り、一年半は研究に従事(日本学術振興会特別研究員:DC1)。 2015年8月よりサツラク農業協同組合(札幌市)にて、乳牛の個体診療と人工授精・受精卵移植を中心に組合員向け勉強会の講師も務める。
    2017年5月に株式会社BRASTを設立し、乳肉両方の個体診療・繁殖検診・牧場コンサルティングを行う。現在は牛の電子カルテシステムを構築・提供する事を目指し、2019年7月に株式会社VETELLを設立。「全ての農家さんに幸せな牛飼いの毎日を」をモットーに、同志も募集中。

    閉じる

    奥 啓輔
    奥 啓輔
    株式会社トータルハードマネジメントサービス
    獣医師

    2011年3月東京農工大学農学部獣医学科卒業
    2011年4月(株)トータルハードマネージメントサービス入社

    閉じる

    村岡 浩司
    村岡 浩司
    株式会社一平ホールディングス
    代表取締役

    【世界があこがれる九州をつくる】を経営理念として、九州産の農業素材だけを集めて作られた九州パンケーキミックスをはじめとする「KYUSHU ISLAND®︎/九州アイランド」プロダクトシリーズを全国に展開。また、台湾(台北)の「九州パンケーキカフェ」は食による日本の地方創生モデルとして話題を呼び、予約の取れないカフェとしてブームを巻き起こしている。現在では多数の飲食店を経営する一方、九州各地にて様々な地元創生活動や食を通じたコミュニティ活動にも取り組んでいる。

    公式ウェブサイト https://ippei-holdings.com

    閉じる

    杉山 雅則
    杉山 雅則
    株式会社満寿屋商店
    代表取締役

    1976年(昭和51年)帯広市生まれ。鹿児島県の大学、米国留学、大手製粉メーカー勤務を経て帰郷。 十勝産小麦の地産地消と食育活動に取り組む。2007年㈱満寿屋商店の4代目社長就任。2012年自社6店舗のパンを全て十勝産小麦に切り替えた。農林水産省認定の「地産地消の仕事人」。

    閉じる

    富山 浩樹
    富山 浩樹
    サツドラホールディングス株式会社
    代表取締役

    1976年札幌生まれ。札幌の大学を卒業後、日用品卸商社に入社。2007年株式会社サッポロドラッグストアーに入社。営業本部長の傍ら2013年に株式会社リージョナルマーケティングを設立し、北海道共通ポイントカード「EZOCA」の事業をスタートする。2015年5月に代表取締役社長に就任。2016年より新ブランド「サツドラ」の推進をスタートする。同年8月にはサツドラホールディングス株式会社を設立し代表取締役社長に就任。ITを先進的に活用すべくPOSやAI、人財育成を目的とした教育事業などの新規事業を矢継ぎ早にグループ会社化。「地域をつなぎ、日本を未来へ。」のコンセプトのもと、店舗や地域の資産を活かして新たな課題解決型ビジネスの創造を目指す。

    閉じる

    榎戸 康二
    榎戸 康二
    創援株式会社
    代表取締役

    1983年慶應義塾大学経済学部卒。松下電器産業(現パナソニック)に入社し、北米を中心にモバイルPC、航空機向けエンターテイメントシステム事業などを担当した後、パナソニック代表取締役専務に就任、事業構造改革に着手し、現在のコネクティッドソリューションズ社(CNS社)を設立。2017年に創援株式会社を創業し、数々のベンチャー支援、中小企業支援に携わるかたわら、デロイトトーマツ社シニアアドバイザー、ブラックストーン社シニアアドバイザー、一橋ビジネススクール客員教授など、幅広い活動に従事。「人を大切にする経営学会」に所属、「老舗学」を独学で研究しつつ、「持続可能な正しい経営のありかた」を探求し続けている。

    閉じる

    池本 博則
    池本 博則
    株式会社マイナビ
    代表取締役

    2003年 株式会社毎日コミュニケーションズ(現:株式会社マイナビ)入社 大阪、東京で就職情報サービス『マイナビ』の営業担当として、10年以上に渡り、日本を代表するリーディングカンパニーの新卒採用支援を手掛ける。 2016年 執行役員 地域活性事業部 事業部長(現在:農業活性事業部 事業部長)就任 2017年 農業総合情報サイト『マイナビ農業』を立ち上げ。 農林水産省・厚生労働省の受託事業など、全国各地で農業関連の事業を展開した経験・ネットワークを活かし農業活性事業を指揮。全国9都市で農業関連の就職イベント「就農FEST」を開催。農業生産法人、自治体、JAなど参画団体はのべ約600団体、来場者はのべ4千人に上る。農業人材の確保と育成を目指し、宮崎県と協定を締結。埼玉県深谷市の推進パートナーとして、アグリテック企業の誘致を支援する。2019年秋、農家と求職者を繋ぐ人材マッチングアプリ「農mers(ノーマーズ)」をリリースし、2019年グッドデザイン賞を受賞(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)。自治体農政部門様向けフリーマガジン「AGRI+(アグリプラス)」を、2020年1月に創刊予定。媒体運営に留まらず、農業関連コンサルティングや研修等多様なサービスを提供し、生産者・農業ビジネス企業・自治体・就農希望者のビジネスや事業計画や課題解決の支援に携わる。

    閉じる

    須藤 晃
    須藤 晃
    須藤牧場
    代表取締役

    1970年7月13日生まれ(40歳)。酪農学園大学附属高等学校、同大学を卒業。地元群馬に戻り、組合の酪農ヘルパーを9年勤め平成13年に二代目酪農家として就農。「酪農のトランスフォームにチャレンジします」(形を変え・考え方を変え・想いを守っていく)を理念に掲げ牛に対しておもてなしの心で接し満足度の向上に努める。乳酸菌を活用したバイオベットで臭いのないフリーバーン形態で乳牛(成牛120頭、育成牛100頭)を飼養。地域還元型酪農を促すため市内の農業生産法人「元気ファーム20」と「群馬トランスフォームプロジェクト」を立ち上げ、堆肥循環から田んぼで採れる飼料として飼料用稲、麦(WCS)、飼料用米(SGS)を生産し県内産飼料をメインとして与えている。早くから万歩計型発情発見機を導入し、今ではFarmnote Colorを用いFarmnoteで牛群を管理している。平成31年1月にチーズ工房「ぐんまチーズの樹」を新設し市内のイタリアンレストラン「PIZZERIA PESCA!」にモッツァレラチーズを卸している。今年の5月第3回KING OF PIZZA IN MAEBASHIにおいて当牧場のモッツァレラを使用したマルゲリータがグランプリを取得。令和元年6月に農場HACCPの認証を受け従業員教育と共に安心安全な生乳生産に取り組む。

    閉じる

    阿部 寛樹
    阿部 寛樹
    有限会社阿部牧場
    代表取締役

    熊本県阿蘇市生まれ。帯広畜産大学出身。24歳の春に阿蘇に帰郷。「農業は儲からん」「大卒なら役場に行ったほうがいい」という周囲の言葉に奮起。青年農業者クラブの旧阿蘇町会長を2年務め、収穫・漬け込み体験を行う「阿蘇高菜祭り」を実施。その時に出会った観光協会や旅館組合・商工会の方々と出会い、観光と農業と言われ続けている阿蘇を変えたいと思うようになる。道の駅阿蘇の立ち上げに奔走。(平成24〜27年理事長)会社では平成13年に入社後、修学旅行生の農業体験や、牧草の品種改良、飼料用の稲の栽培などの独自部門を展開。平成20年から委託製造でアイスクリームの販売を開始。平成22年にはミルクプラントを建設し、自社ブランド「ASO MILK」を設立し、牛乳・乳製品・菓子の製造販売を行う。平成23年、パッケージデザインの世界コンクール「pentawards」にて酪農製品部門で金賞を受賞。平成24年には、食品のミシュランガイドと称される国際味覚機構にて、牛乳としては日本初のふたつ星を獲得した。さらに平成25年、牛乳と飲むヨーグルトにおいて三ッ星をダブル受賞。

    閉じる

    前田 茂雄
    前田農産食品株式会社
    代表取締役

    昭和49年生まれ。本別高校、東京農業大学農業経済学部卒業後、米国大学にて農業経営・流通を学び、多くのアメリカ農家との出会い大規模農業実習を体感。2000年に実家の前田農産食品合資会社に就農。経営規模120ha。小麦5品種、甜菜、ポップコーン栽培。農閑期=付加価値創造期間として活かす付加価値型経営を目指す。経営理念は「私たちはお客様と共に種をまき、共に育つワクワク感動農業を実践します」役員3、社員6名、パート6名。入植後120年、蓄積された先人の「勘」や「経験」➡土壌分析に基づく施肥設計、GGAP実践から工程管理情報を残し、100年後も足跡感じる農業を実践中。2008年~「農業のファンづくり」で農業サポーター作りに励む。(十勝ベーカリーキャンプ、新麦コレクション、農経収穫感謝祭など参画)。また季節変動性ある農業収入の多角化と雇用平準化、新畑作輪作体系確立に、ポップコーン栽培開始、2016年4月より国産初の電子レンジ専用の"北海道十勝ポップコーン"を商品化。2019年~ほんべつひまわり迷路を開催し、関係人口と経済循環を創り持続可能な社会を目指す。

    閉じる

    小倉 修二
    有限会社トヨニシファーム
    代表取締役

    2000年食肉卸会社を退社してトヨニシファーム入社(飼養頭数5000頭)
    2010年和牛飼育会社設立(飼養頭数350頭)
    2016年トヨニシファーム販売加工事業スタート(売上3.5億)
    2019年中小企業家同友会農業部会長就任
    2019年協同酪農経営B&M設立(飼養頭数480頭)

    閉じる

    山澤 修平
    株式会社イー・カムトゥルー
    執行役員

    1980年生。北海道札幌市出身。大学中退後、コネクシオ株式会社に入社し、北海道拠点立ち上げ、新規事業、営業企画を担当。2015年に株式会社ファームノートへ入社。カスタマーサクセス施策としてセミナーイベントを企画。数百の酪農畜産農家と出会い、生産物への熱い想いに触れる。東京オフィス移動後はインサイドセールスの構築を行う。現在は株式会社イー・カムトゥルーで、飲食店に特化したクラウドサービス事業を担当。『レストランテック』の概念を広めるべく、レストランテックコミュニティ「RT_Meetup」を仲間と立ち上げる。食のアウトプットの1つである飲食店を盛り上げる為、「競争から共創へ」をテーマに、企業の垣根を超えた「レストランテックエコシステム」の構築に日々奔走中。特技は和太鼓と腹太鼓。

    閉じる

    新村 浩隆
    新村 浩隆
    有限会社十勝しんむら牧場
    代表取締役

    1971年北海道上士幌町生まれ。1993年酪農学園大学卒業。卒業後、別海、ニュージーランド、オーストラリアで放牧酪農を学び1994年家業の新村牧場に就農。就農後、繋ぎ飼育から放牧酪農に転換。2000年から、乳製品の加工販売を開始。有限会社 十勝しんむら牧場を設立。2005年、牧場内にクリームテラスを開店。牧場のショールームとして、お客様に牧場を身近に感じていただく。2015年、豚を導入。山林放牧で健康な豚を飼育。1年以上の長期肥育により独自のブラン「山森野豚」を開発。循環型農業から環境負荷の少ない持続可能な経営を実践。2018年売上高 23,000万円

    閉じる

    富山 浩樹
    富山 浩樹
    サツドラホールディングス株式会社
    代表取締役

    1976年札幌生まれ。札幌の大学を卒業後、日用品卸商社に入社。2007年株式会社サッポロドラッグストアーに入社。営業本部長の傍ら2013年に株式会社リージョナルマーケティングを設立し、北海道共通ポイントカード「EZOCA」の事業をスタートする。2015年5月に代表取締役社長に就任。2016年より新ブランド「サツドラ」の推進をスタートする。同年8月にはサツドラホールディングス株式会社を設立し代表取締役社長に就任。ITを先進的に活用すべくPOSやAI、人財育成を目的とした教育事業などの新規事業を矢継ぎ早にグループ会社化。「地域をつなぎ、日本を未来へ。」のコンセプトのもと、店舗や地域の資産を活かして新たな課題解決型ビジネスの創造を目指す。

    閉じる

    田口 一成
    田口 一成
    株式会社ボーダレス・ジャパン
    代表取締役

    1980年生まれ。福岡県出身。大学2年時に栄養失調に苦しむ子供の映像を見て「これぞ自分が人生をかける価値がある」と決意。早稲田大学在学中にワシントン大学へビジネス留学。株式会社ミスミにて入社後25歳で独立し、ボーダレス・ジャパンを創業。世界9カ国で29社のソーシャルビジネスを展開し、2018年度の売上は49.2億円。2018年10月には「社会起業家の数だけ社会課題が解決される」という考えのもと、社会起業家養成所ボーダレスアカデミーを開校。年間100社のソーシャルベンチャーが生まれる社会起業家のプラットフォーム構築を目指す。2019年日経ビジネス「世界を動かす日本人50」、Forbes JAPAN「日本のインパクト・アントレプレナー35」に選出。

    閉じる

    榎戸 康二
    榎戸 康二
    創援株式会社
    代表取締役

    1983年慶應義塾大学経済学部卒。松下電器産業(現パナソニック)に入社し、北米を中心にモバイルPC、航空機向けエンターテイメントシステム事業などを担当した後、パナソニック代表取締役専務に就任、事業構造改革に着手し、現在のコネクティッドソリューションズ社(CNS社)を設立。2017年に創援株式会社を創業し、数々のベンチャー支援、中小企業支援に携わるかたわら、デロイトトーマツ社シニアアドバイザー、ブラックストーン社シニアアドバイザー、一橋ビジネススクール客員教授など、幅広い活動に従事。「人を大切にする経営学会」に所属、「老舗学」を独学で研究しつつ、「持続可能な正しい経営のありかた」を探求し続けている。

    閉じる

    阿部 岳
    株式会社ファームステッド
    代表取締役

    準備中

    閉じる

    竹下 耕介
    竹下 耕介
    有限会社竹下牧場
    代表取締役

    1974年2月10日生まれ 開拓者二代目 中標津高校普通科卒業 1999年1月1日経営移譲 2008年有限会社竹下牧場設立 2009年根室ナチュラルチーズ職人養成塾開設 2016年地域フード塾三期卒業 2017年地域と生きるゲストハウス開業塾卒業 2018年中標津の町のど真ん中に「牛と繋がれる宿、ゲストハウスushiyadoオープン、代表になる 2019年竹下牧場チーズ工房建設4月より販売開始 チーズ職人の道も歩み始める。現在、根室農業法人ネットワーク会長、北海道農業法人協会理事、ファームノートFirst User?「牛と新しく関係を」をstatementを基に酪農を中心に地域を巻き込んだ関係人口を増やす取り組みを行っている

    閉じる

    お申し込みはこちら

    お申込みフォーム

    申込者様1名ずつのご入力をお願いいたします。
    全て必須でご入力をお願いいたします。

    お客様の個人情報については、株式会社ファームノートホールディングス株式会社ファームノートにおいて使用する可能性があります。ご了承の上お申込みください。
    詳しくはこちらのプライバシーポリシーをご参照ください。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

    About Farmnote

    株式会社ファームノートは「世界の農業の頭脳を創る」を理念とする農業 IoTソリューションカンパニーです。最先端の技術で酪農・畜産の生産性向上と効率化を推進し、日本の強い農業と持続可能な地球の豊かさ、人々のよりよい「生きる」に貢献したいと考えています。

    Farmnote、ファームノートは株式会社ファームノートの登録商標です。

    Address

    株式会社ファームノート
    〒080–0847 北海道帯広市公園東町1丁目3-14
    TEL:0155-67-6911(平日:10:00-18:00)

    Social

    “Download Get it on Google Play