ファームノートサミット 2017

Winter

開催まで残り

登壇者、会場の画像は前回東京開催のものとなります

イノベーションによって、未来はどのように変わっていくのか?

今回で8回目の開催となる、ファームノートサミット2017 Winterは北海道最大級の農業カンファレンスです。 農業のみならず、経営・地方創生・宇宙など様々なジャンルで活躍する革新的な講演者たちが集い、注目度の高いテーマに沿ってディスカッションをします。

普段触れることのできない新しい技術や考えに出会い、刺激を受け、そして新しい視点を見つけることで ご来場の方々にとって「イノベーションについて考えるきっかけ」となるようなイベントプログラムをお届けいたします。

森崎 博之

森崎博之さんのご登壇が追加決定!

自らを"北海道農業応援団長"と呼びご活躍中の森崎博之さん(TEAM NACS)がサミット本編の時間帯のどこかにサプライズ登場し、テーマに沿った内容にてご登壇いただくことが追加決定いたしました!!

【森崎博之さんプロフィール】
1996年、大泉洋・安田顕らと共に演劇ユニットTEAM NACSを結成。リーダーを務める。 多くの作品の脚本・演出を手がけ、2018年2月から始まるTEAM NACS 第16回公演では原案・演出を務めることが決定。 チケットはすでに即日完売し「日本一チケットが取れない劇団」と呼ばれるまでになっている。個人としては、北海道の食をあらゆる角度から取り上げ、食のあり方を見直す番組、HBC「森崎博之のあぐり王国北海道」を2008年よりスタート。北海道フードマイスター、ごはんソムリエを取得し、食育の大切さ、北海道の素晴らしさを発信している。

小林 晋也

OPENING 10:30~

株式会社ファームノートホールディングス
代表取締役
小林 晋也
北海道帯広市出身。旭川工業高等専門学校卒、機械工学専攻。機械部品商社に入社し、FA(ファクトリーオートメーション)分野で精密機械の拡販を担当。2004年帯広市に有限会社スカイアークシステム(現 株式会社スカイアーク)を創業。大手企業へのCMS・ブログシステム・社内SNSの普及に貢献。2013年に「世界の農業の頭脳を創る」という想いから株式会社ファームノートを創業。2016年日経ビジネス「次代を創る100人」に選出。

Session A01

農業の未来を語る。
新鋭農家が徹底討論

10:40~

今野 邦仁
北海道農協青年部協議会
会長
今野 邦仁
寺坂 祐一
寺坂農園株式会社
代表取締役
寺坂 祐一
前田 茂雄
前田農産食品株式会社
代表取締役
前田 茂雄

Session B01

獣医に直接聞きたい!
繁殖管理のベストプラクティス

10:40~

佐竹 直紀
株式会社トータルハードマネージメントサービス
代表取締役
佐竹 直紀
伏見 康生
株式会社Guardian
代表取締役
伏見 康生

Session A02

革新を創造する。
次世代経営者とビジョン

11:50~

長沼 真太郎
株式会社BAKE
会長
長沼 真太郎
村岡浩司(むらおか こうじ)
有限会社一平
代表取締役
村岡 浩司

Session B02

農業における
HACCP/GAP取得について知りたい

11:50~

安藤 智孝
十勝清水コスモスファーム
常務取締役
安藤 智孝
前田 茂雄
前田農産食品株式会社
代表取締役
前田 茂雄
榎 淳哉
NECソリューションイノベータ株式会社
本部長
榎 淳哉

Session A03

地方の再創造。
社会課題に挑むリーダーの挑戦

14:05~

安部 敏樹
一般社団法人リディラバ
代表理事
株式会社Ridilover
代表取締役
安部 敏樹
堀田 一芙
オフィス・コロボックル
代表
熱中小学校
用務員
堀田 一芙

Session B03

本当に使える?
スマート農業の今を徹底討論

14:05~

上原 宏
秋田県立大学 システム科学技術学部
教授
上原 宏
大塚 泰造
Kakaxi, Inc
CEO
大塚 泰造
内田 智也
有限会社内田農場
代表取締役
内田 智也

Session A04

もう夢じゃない。
宇宙ベンチャーの創造と挑戦

15:20~

稲川 貴大
インターステラテクノロジズ株式会社
社長
稲川 貴大
中村 友哉
株式会社アクセルスペース
代表取締役
中村 友哉

Session B04

農業と漁業に新たな力を。
ブランディングが持つ力とは

15:20~

本山 忠寛
北海道・美瑛町 本山農場
4代目
本山 忠寛
池下 藤一郎
池下産業株式会社
代表取締役社長
池下 藤一郎
阿部 岳
株式会社ファームステッド
代表取締役
阿部 岳

Session A05

産業の創造と再構築
〜革新的成長のための必要条件とは〜

16:30~

志賀 俊之(しが としゆき)
株式会社産業革新機構
代表取締役会長
日産自動車株式会社
取締役
志賀 俊之

Session B05

学生・Uターン希望者向けセッション
〜北海道で働くということ〜

16:30~

稲川 貴大
インターステラテクノロジズ株式会社
社長
稲川 貴大
西尾 康宏
株式会社ノベルズ
取締役
西尾 康宏

<開催概要>

日時 2017年12月13日(水)
10:30-17:30予定(10:00会場予定)
※変更される可能性がございます
※途中入退場も可能です
場所 帯広市民文化ホール
〒080-0015 帯広市西5条南11丁目48番地2
※JR帯広駅南出口より徒歩5分
※とかち帯広空港⇔帯広駅前バスターミナル間 約40分
駐車場 あり(長崎屋3階・5階・屋上駐車場)
定員 800名
参加費 無料・完全予約制
対象
  • 農業に関わる全ての方々
  • 経営者、企業や団体にお勤めの方々
  • 人工知能、IoT、リアルテック分野での技術革新に取り組んでいる方々
  • 農業やアグリテック分野にご興味お持ちの方々
  • ITエンジニア
  • 学生
主催 株式会社ファームノートホールディングス
共催 帯広市 ホクレン農業協同組合連合会 全国農業協同組合連合会
連携 帯広市民大学講座

<懇親会のご案内>

イベントの登壇陣とご来場者様同士の交流のために、懇親会を用意させて頂きました。
会場の都合上、定員に限りがございますのでお早めにお申し込みください。

時間 18:00-20:00 予定
会費 一般5,400円(税込)
会場 IN THE SUITE    
http://inthesuite.jp/inthesuite/access/    
サミット会場から徒歩約5分    
JR帯広駅西通北口まで徒歩1分
住所 北海道帯広市西3条南11丁目1番地
TEL 0155-22-6363
駐車場 お店北側にございます。
※駐車スペースには限りがあります

※サミット本編は無料ですが、懇親会は有料となります。
※スケジュールによっては、急遽ご参加が難しいご登壇者もいらっしゃいます。
※サミット終了後、直接会場までお越しください。

懇親会費の事前お支払いに関して  
サミット参加お申し込み完了後に届くメール文面内に別途ご案内の記述がございますので、そちらより本申し込みと事前の会費お支払いをお願いいたします。
※参加ご希望の場合は下記のフォームにございます「懇親会」項目にチェックをお付けいただき、お申し込みください 
※以前、懇親会項目にチェックをお付けいただいたご参加者様には別途ご案内のメールをお送りしております。


<学生向け> 交通費支援制度

これからの未来を支える学生の方々にもぜひ奮ってご来場を頂きたく、ささやかながら支援制度を設けました。
ご応募には条件があり、先着順、数に限りがありますのでご注意ください。

<ご応募条件>

  • 先着50名
  • 帯広市外にお住いの大学生・院生・高専生・短大生・専門学生
  • お一人あたり上限¥5,000をご支援
  • 当日学生証とメールで別送をします支援引き換えチケット控えをお持ちください 
  • ご支援金は当日会場にてお渡しをします

※当選された方には、お申し込みいただいたメールアドレス宛に当日の受け渡し方法を改めてご案内いたします。

応募フォーム

(ご来場者様毎にお申し込みください)

お名前

例:青空 健太郎

会社名・学校名

例:株式会社ファームノートや青空牧場など。
※ 学生の方は学校名を入力、個人の場合は -(ハイフン)を入力してください。

業種
役職

例:代表取締役や牧場主など。
※ 学生の方は学部と学年を入力、無い場合は -(ハイフン)を入力

メールアドレス

例:cs@farmnote.jp

電話番号

例:0155-67-6911

備考・聞きたい内容
ご興味をお持ちの場合はチェックをお付けください。
(別途ファームノートからご案内をいたします)

※ご応募いただいたタイミングと規定数、定員の到達状況によっては、チェックをつけていただいてもお申し込みをお断りさせていただく場合がございます。

※お客様の個人情報については、今回主催の株式会社ファームノートホールディングスならびにグループ会社の株式会社ファームノート・株式会社スカイアークにおいて使用する可能性があります。ご了承の上お申込みください。 
詳しくはこちらのプライバシーポリシーをご参照ください

このエントリーをはてなブックマークに追加

About Farmnote

株式会社ファームノートは酪農・畜産向けクラウドサービスに特化したITベンチャーです。「牧場を、手のひらに。」をビジョンに、いつでもどこでも牧場経営が出来る世界を目指しています。酪農・畜産業界の経営効率化をITで推進します。

Farmnote、ファームノートは株式会社ファームノートの登録商標です。

Address

株式会社ファームノート
〒080–0847 北海道帯広市公園東町1丁目3-14

Social

Get it on Google Play Get it on Google Play