【全3回】和牛における発情発見の重要性と向上のための取り組み【終】

<連載第3回:畜産現場でのICT活用事例>【終】

株式会社ファームノート プロダクトマネジメントチーム
獣医師 平 勇人

和牛繁殖経営では、その収入源を子牛の販売に大きく依存しています。そして子牛を生産するには、その母牛を妊娠させる必要があり、発情を発見して種付けをするという和牛繁殖生産者にとって最も基本かつ重要な作業を徹底できるかにかかっています。

<1つ前の記事はこちら>

畜産現場でのICT活用事例

熊本県芦北町にある川口畜産は総飼養頭数180頭、代表と従業員の方との2名で肉牛繁殖を営んでいます。(写真)2015年4月から雌牛を牧場に導入するにあたり、市場での販売を目的に初妊牛の育成に取り組んでいます。

繁殖成績の改善や発情兆候の見逃し削減を期待し、2017年11月に牛用センサーデバイス「Farmnote Color」を導入。同牧場ではスタッフの目が行き届かない夜間帯に全体の約6~7割を占める発情が起きていることがわかりました。

1359.JPG

(写真:お話をうかがった川口畜産の川口誠二代表)


導入による効果として、種付け回数の削減があります。導入後の現在は種付け回数が以前よりも減り、1~2回くらいで受胎するようになりました。発情兆候や授精適期がわかることで、効率的な種付けが実現できており、結果として3か月に1回のペースでコンスタントに出荷ができています。導入以前は発情発見に対して精神的に追い詰められることもあったといい、心理的な余裕も生まれたといえます。

Farmnote Colorを導入してからはデータを基にターゲットを絞って個体を見ることができるので、牛群全体を見回ることがなくなりました。その他、活動量や休息量のデータ数値の変化を見ることで妊娠鑑定の前におおよそ判断ができたり、周期に合わない兆候のある牛は何かの異常を疑うことができるといいます。

まとめ

発情を発見して種付けをするというのは、和牛繁殖経営にとっては最も基本的な取り組みであると同時に、将来の収益を生み出す最も重要な取り組みでもあります。しかし、日常の牛の観察の重要性が揺らぐことはありませんが、人力だけでは目標の分娩間隔を達成することは容易ではありません。また、普段は意識されることが少ない発情の見逃しによる経済的な機会損失は非常に大きく、発情発見率や授精時期の僅かな改善が大きな利益として返ってきます。そういった点からも、発情発見から授精の一連業務において定時授精プログラムやICTを活用した発情検知機器を導入することは、見逃し削減と精度向上に向けて効果的な手段となります。

この記事をシェアする

メールでのお問い合わせ

酪農・畜産生産者さま以外の方はこちらからお問い合わせください

お名前 必須
会社名・牧場名 必須
メールアドレス 必須
電話番号
都道府県
市区郡
飼育頭数
経営形態
お問い合わせ内容 必須

以下の個人情報のお取り扱いについてご同意の上、送信ボタンをクリックしてください。

株式会社ファームノート(以下、「ファームノート」といいます)は、お客様がファームノートWEBサイト又はファームノートの提供するサービスをご利用される際に開示していただく、お客様の氏名、住所、電話番号、メールアドレス等の情報や、サービスのご利用の履歴等(以下、「個人情報」といいます)を取得させて頂く場合がございます。
ファームノートは、個人情報保護法の趣旨のもと、このプライバシーポリシーに則って個人情報を取り扱います。

1.個人情報の利用目的について

ファームノートは個人情報を以下の目的で利用させていただきます。
1.ファームノートの事業活動の実行、改善及び変更等をする際に利用させていただきます。
2.お客様への資料の発送、お問い合わせのご回答などに、氏名、住所、電話番号、メールアドレスなどの連絡先情報を利用します。
3.お客様にファームノートが行うキャンペーンや商品・サービスのご案内をするために、ご利用された履歴や、お客様の氏名、住所、電話番号、メールアドレスなどの連絡先情報を利用します。
4.ファームノートのサービス改善を行うために、お客様から寄せられたご意見やアンケートの結果、ご利用履歴・お問い合わせ履歴などを利用します。

2.個人情報の管理について

ファームノートは以下の体制で個人情報を管理します。
1.個人情報保護法やガイドラインに従って必要な内部体制を整備し、従業員から個人情報の取扱を適正に行う旨の誓約書を取得します。
2.個人情報の利用を業務上必要な職員だけに制限し、個人情報が含まれる媒体などの保管・管理などに関する規則を作り、個人情報保護のための予防措置を講じます。
3.システムに保存されている個人情報については、業務上必要な職員だけが利用できるようアカウントとパスワードを用意し、アクセス権限管理を実施します。なお、アカウントとパスワードは漏えい、滅失のないよう厳重に管理します。
4.サービスに支障が生じないことを前提として、個人情報の受領時からファームノートが定める期間経過後、ファームノートの判断において個人情報は随時削除していきます。

共同利用

ファームノートは、利用目的の達成に必要な範囲で、個人情報をファームノートのグループ会社と共同利用いたします。なお、ファームノートのグループ会社とは、株式会社ファームノートホールディングス及びその子会社(株式会社ファームノートホールディングスが議決権の過半数を直接又は間接に保有する会社をいいます。)を意味します。

共同利用される個人情報の項目は、お客様の氏名、住所、電話番号、メールアドレス、サービスのご利用の履歴などお客様によるサービスのご利用によりファームノートのグループ会社が取得させていただく情報です。
共同利用の目的は、上記の「個人情報の利用目的について」に記載された利用目的と同じです(但し、共同利用の利用目的については、「ファームノート」を「ファームノートグループ」と読み替えるものとします)。
共同利用における管理責任者は、ファームノートとなります。お問い合わせについては、お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

個人情報の開示について

1.ファームノートは、お客様の同意がない限り、個人情報を第三者に開示することはありません。ただし、以下の事例に該当する場合はその限りではありません。

・法令に基づき裁判所や警察等の公的機関から要請があった場合

・法令に特別の規定がある場合

・お客様や第三者の生命・身体・財産を損なうおそれがあり、本人の同意を得ることができない場合

・法令やファームノートの利用許諾 ・注意事項に反する行動から、ファームノートの権利、財産 またはサービスを保護または防禦する必要があり、本人の同意を得ることができない場合

2.お客様から個人情報の開示要請があった場合は、本人であることが確認できた場合に限り開示します。

注:本人確認の方法
本人であることが証明できるもの(免許証、保険証など)の写しを、ファームノート宛にご郵送してください。内容を確認させていただき、本人であることが明確になり次第、開示させていただきます。

5.苦情、ご質問やご提案について

苦情、ご質問やご意見がございましたらお問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。