【全3回】和牛における発情発見の重要性と向上のための取り組み②

<連載第2回:和牛における発情検知時間と発情発見率向上のための現実的な施策>

株式会社ファームノート プロダクトマネジメントチーム
獣医師 平 勇人

和牛繁殖経営では、その収入源を子牛の販売に大きく依存しています。そして子牛を生産するには、その母牛を妊娠させる必要があり、発情を発見して種付けをするという和牛繁殖生産者にとって最も基本かつ重要な作業を徹底できるかにかかっています。

<1つ前の記事はこちら>

以下の図.1は牛用センサーデバイス「Farmnote Color」が検知をした、1日の時間帯の中で発情が起きている分布を示しています。この図からもわかるように黒毛和種の発情は24時間の中でも比較的満遍なく起こっているものの、午前3時頃に発情行動を示す割合がピークになるほか、発情行動の34%が22時-6時の時間帯に起きていることがわかっています。当然、この時間帯の発情は多くが見逃されていると推察されます。

1400.jpg

(図.1:和牛における発情検知時間)



すなわち、観察以外によって生産者の発情観察を補完して発情発見率を向上させる取り組みが必要になることは必然だと考えられます。

発情発見率向上のための現実的な施策

発情発見率を高めるために、現実的にはどのような取り組みが可能なのでしょうか?
一つは定時授精プログラムの活用などにより、一定の分娩後日数で確実に種付けをしていく方法があります。もう一つは、生産者による発情発見を補完するシステムを導入することです。

定時授精プログラムを全頭に活用して分娩後初回授精のタイミングをコントロールする方法は、酪農において採用されている生産者は増えつつありますが、薬剤の接種に関わる作業負担が大きいことなどから和牛繁殖においては、まだ長期不受胎牛への適応に限定的であると考えられます。

一方、発情発見のためのシステムは長く現場で活用されてきたテールペイントに加え、歩数計や活動量計を活用したICT(情報通信技術)システムが普及してきています。特に後者のICTシステムでは、発情に伴う活動の増加をその開始と終了時間まで推察することが可能であり、発情発見率だけでなく受胎率の向上にも寄与することができる特徴を持っています。

これらのシステムは人間が不得意とする分娩後の初回発情発見や深夜帯の発情発見を大きく補ってくれる特徴も持ち合わせます。発情は約21日の周期性があるため、一度でも発情を発見している個体では次の発情を予測することが可能となり発情発見が容易になります。その一方で、分娩後にまだ初回発情を発見できておらず、発情の周期性を把握できていない牛では、いつ来るかわからない発情発見の難易度が一気に高まります。

発情発見を補完するシステムは24時間365日、牛の行動変化を見守っているため、人間が不得意とする分娩後初回発情も安定して発見することができるほか、前述の通り一定数起こっている深夜帯の発情発見も可能とします。

<連載第3回:畜産現場でのICT活用事例>【終】

この記事をシェアする

メールでのお問い合わせ

酪農・畜産生産者さま以外の方はこちらからお問い合わせください

お名前 必須
会社名・牧場名 必須
メールアドレス 必須
電話番号
都道府県
市区郡
飼育頭数
経営形態
お問い合わせ内容 必須

以下の個人情報のお取り扱いについてご同意の上、送信ボタンをクリックしてください。

株式会社ファームノート(以下、「ファームノート」といいます)は、お客様がファームノートWEBサイト又はファームノートの提供するサービスをご利用される際に開示していただく、お客様の氏名、住所、電話番号、メールアドレス等の情報や、サービスのご利用の履歴等(以下、「個人情報」といいます)を取得させて頂く場合がございます。
ファームノートは、個人情報保護法の趣旨のもと、このプライバシーポリシーに則って個人情報を取り扱います。

1.個人情報の利用目的について

ファームノートは個人情報を以下の目的で利用させていただきます。
1.ファームノートの事業活動の実行、改善及び変更等をする際に利用させていただきます。
2.お客様への資料の発送、お問い合わせのご回答などに、氏名、住所、電話番号、メールアドレスなどの連絡先情報を利用します。
3.お客様にファームノートが行うキャンペーンや商品・サービスのご案内をするために、ご利用された履歴や、お客様の氏名、住所、電話番号、メールアドレスなどの連絡先情報を利用します。
4.ファームノートのサービス改善を行うために、お客様から寄せられたご意見やアンケートの結果、ご利用履歴・お問い合わせ履歴などを利用します。

2.個人情報の管理について

ファームノートは以下の体制で個人情報を管理します。
1.個人情報保護法やガイドラインに従って必要な内部体制を整備し、従業員から個人情報の取扱を適正に行う旨の誓約書を取得します。
2.個人情報の利用を業務上必要な職員だけに制限し、個人情報が含まれる媒体などの保管・管理などに関する規則を作り、個人情報保護のための予防措置を講じます。
3.システムに保存されている個人情報については、業務上必要な職員だけが利用できるようアカウントとパスワードを用意し、アクセス権限管理を実施します。なお、アカウントとパスワードは漏えい、滅失のないよう厳重に管理します。
4.サービスに支障が生じないことを前提として、個人情報の受領時からファームノートが定める期間経過後、ファームノートの判断において個人情報は随時削除していきます。

共同利用

ファームノートは、利用目的の達成に必要な範囲で、個人情報をファームノートのグループ会社と共同利用いたします。なお、ファームノートのグループ会社とは、株式会社ファームノートホールディングス及びその子会社(株式会社ファームノートホールディングスが議決権の過半数を直接又は間接に保有する会社をいいます。)を意味します。

共同利用される個人情報の項目は、お客様の氏名、住所、電話番号、メールアドレス、サービスのご利用の履歴などお客様によるサービスのご利用によりファームノートのグループ会社が取得させていただく情報です。
共同利用の目的は、上記の「個人情報の利用目的について」に記載された利用目的と同じです(但し、共同利用の利用目的については、「ファームノート」を「ファームノートグループ」と読み替えるものとします)。
共同利用における管理責任者は、ファームノートとなります。お問い合わせについては、お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

個人情報の開示について

1.ファームノートは、お客様の同意がない限り、個人情報を第三者に開示することはありません。ただし、以下の事例に該当する場合はその限りではありません。

・法令に基づき裁判所や警察等の公的機関から要請があった場合

・法令に特別の規定がある場合

・お客様や第三者の生命・身体・財産を損なうおそれがあり、本人の同意を得ることができない場合

・法令やファームノートの利用許諾 ・注意事項に反する行動から、ファームノートの権利、財産 またはサービスを保護または防禦する必要があり、本人の同意を得ることができない場合

2.お客様から個人情報の開示要請があった場合は、本人であることが確認できた場合に限り開示します。

注:本人確認の方法
本人であることが証明できるもの(免許証、保険証など)の写しを、ファームノート宛にご郵送してください。内容を確認させていただき、本人であることが明確になり次第、開示させていただきます。

5.苦情、ご質問やご提案について

苦情、ご質問やご意見がございましたらお問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。