【全3回】テクノロジーが拡張する、生産者の観察力①

<連載第1回:疾病が生産性に与える影響>

株式会社ファームノート プロダクトマネジメントチーム
獣医師 平 勇人

はじめに

酪農業界では、関係者の努力によって過去20年以上にわたって乳牛の泌乳生産能力はほぼ一貫して向上し、飼養形態の変化や大規模化とともに生産性向上を牽引してきた。その一方で、高泌乳化は繁殖成績の悪化だけでなく、周産期病をはじめとする疾病のリスクを高め、生産者の経済的・労働的な負担を増大させる一因になっている。

疾病が生産性に与える影響

日本では、月に約5%の乳用牛が獣医師による診療を受けている。これら疾病が生産性に与える影響度はトランジション・カウ・インデックス(TCI)の研究から推計できる(図1)。これによると、第四胃変位を発症した牛ではその泌乳期の305日乳量が3000ポンド(約1360kg)低下するとされている。周産期の牛は乳熱やケトーシスから疾病の連鎖が始まり、最終的な病態として第四胃変位を発症し、手術によって治癒するというのは現場でよく経験することである。しかし、手術により治癒したとしても第四胃変位を発症した牛はすでに大きく生産性を損なっているということである。早期発見と早期治療によって疾病の連鎖を早い段階で断ち切ることが生産性を発揮するために重要なことがわかる。

graph_column2019_0301_1.jpg

(図.1:疾病発生がその泌乳期の予測乳量に与える影響)

疾病による牛の行動変化と疾病兆候発見の現状

牛は変化を嫌う動物であり、毎日同じ群れの仲間、同じ飼料、同じ時間に搾乳されるのを好み日々の行動パターンが大きく変化することはない。その中で、生産者は経験的に疾病による牛の行動変化の重要性を把握し、日々の観察のなかで"普段と違った様子"の牛がいないか常に気を配っている。そしてTCIによる分析によって、生産性に影響する5大要素の一つとして観察方法の重要性が示されている。さらに、牛の観察方法の中でも、日乳量や体温の変化よりも牛の行動変化を捉える方が生産性の向上につながることがわかっている。その一方で、目視による疾病兆候の発見にはさまざまな課題がある。

牛の行動変化の評価方法は経験に依存するため個人差が大きく、また人手不足から観察に十分な時間と人手をあてることができず、多頭化する中で"牛の状態を注意深く観察し、疾病兆候を早期に発見する"ことが容易ではなくなっている。そのような問題を解決するために、われわれは牛の頸部に装着する加速度センサーによって牛の疾病兆候を検知し、生産者に通知するという仕組みの開発(注1)・提供を行なっている。

(注1)本機能開発に伴う牛の疾病兆候予測研究の一部に関しては、国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 生物系特定産業技術研究支援センター「革新的技術開発・緊急展開事業(うち人工知能未来農業創造プロジェクト)」の支援を受けて行った。

<連載第2回:アルゴリズムによる疾病兆候の検知>

この記事をシェアする

メールでのお問い合わせ

酪農・畜産生産者さま以外の方はこちらからお問い合わせください

お名前 必須
会社名・牧場名 必須
メールアドレス 必須
電話番号
都道府県
市区郡
飼育頭数
経営形態
お問い合わせ内容 必須

以下の個人情報のお取り扱いについてご同意の上、送信ボタンをクリックしてください。

株式会社ファームノート(以下、「ファームノート」といいます)は、お客様がファームノートWEBサイト又はファームノートの提供するサービスをご利用される際に開示していただく、お客様の氏名、住所、電話番号、メールアドレス等の情報や、サービスのご利用の履歴等(以下、「個人情報」といいます)を取得させて頂く場合がございます。
ファームノートは、個人情報保護法の趣旨のもと、このプライバシーポリシーに則って個人情報を取り扱います。

1.個人情報の利用目的について

ファームノートは個人情報を以下の目的で利用させていただきます。
1.ファームノートの事業活動の実行、改善及び変更等をする際に利用させていただきます。
2.お客様への資料の発送、お問い合わせのご回答などに、氏名、住所、電話番号、メールアドレスなどの連絡先情報を利用します。
3.お客様にファームノートが行うキャンペーンや商品・サービスのご案内をするために、ご利用された履歴や、お客様の氏名、住所、電話番号、メールアドレスなどの連絡先情報を利用します。
4.ファームノートのサービス改善を行うために、お客様から寄せられたご意見やアンケートの結果、ご利用履歴・お問い合わせ履歴などを利用します。

2.個人情報の管理について

ファームノートは以下の体制で個人情報を管理します。
1.個人情報保護法やガイドラインに従って必要な内部体制を整備し、従業員から個人情報の取扱を適正に行う旨の誓約書を取得します。
2.個人情報の利用を業務上必要な職員だけに制限し、個人情報が含まれる媒体などの保管・管理などに関する規則を作り、個人情報保護のための予防措置を講じます。
3.システムに保存されている個人情報については、業務上必要な職員だけが利用できるようアカウントとパスワードを用意し、アクセス権限管理を実施します。なお、アカウントとパスワードは漏えい、滅失のないよう厳重に管理します。
4.サービスに支障が生じないことを前提として、個人情報の受領時からファームノートが定める期間経過後、ファームノートの判断において個人情報は随時削除していきます。

共同利用

ファームノートは、利用目的の達成に必要な範囲で、個人情報をファームノートのグループ会社と共同利用いたします。なお、ファームノートのグループ会社とは、株式会社ファームノートホールディングス及びその子会社(株式会社ファームノートホールディングスが議決権の過半数を直接又は間接に保有する会社をいいます。)を意味します。

共同利用される個人情報の項目は、お客様の氏名、住所、電話番号、メールアドレス、サービスのご利用の履歴などお客様によるサービスのご利用によりファームノートのグループ会社が取得させていただく情報です。
共同利用の目的は、上記の「個人情報の利用目的について」に記載された利用目的と同じです(但し、共同利用の利用目的については、「ファームノート」を「ファームノートグループ」と読み替えるものとします)。
共同利用における管理責任者は、ファームノートとなります。お問い合わせについては、お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

個人情報の開示について

1.ファームノートは、お客様の同意がない限り、個人情報を第三者に開示することはありません。ただし、以下の事例に該当する場合はその限りではありません。

・法令に基づき裁判所や警察等の公的機関から要請があった場合

・法令に特別の規定がある場合

・お客様や第三者の生命・身体・財産を損なうおそれがあり、本人の同意を得ることができない場合

・法令やファームノートの利用許諾 ・注意事項に反する行動から、ファームノートの権利、財産 またはサービスを保護または防禦する必要があり、本人の同意を得ることができない場合

2.お客様から個人情報の開示要請があった場合は、本人であることが確認できた場合に限り開示します。

注:本人確認の方法
本人であることが証明できるもの(免許証、保険証など)の写しを、ファームノート宛にご郵送してください。内容を確認させていただき、本人であることが明確になり次第、開示させていただきます。

5.苦情、ご質問やご提案について

苦情、ご質問やご意見がございましたらお問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。