【連載】地方の再創造。社会課題に挑むリーダーの挑戦⑤

<連載第5回:都会が人の意欲を搾取している?>

地方創生という言葉はよく耳にしますが、実際はどのようなものなのでしょうか?地方自治体やコミュニティと協力し、地域社会の維持と活性化、社会課題の解決に向けて挑戦していらっしゃる講師にお話を伺ったパネルディスカッションです。


スピーカー

オフィス・コロボックル代表
熱中小学校用務員
堀田 一芙 氏

一般社団法人リディラバ代表理事
株式会社Ridilover代表取締役
安部 敏樹 氏


モデレーター

株式会社ファームノートホールディングス
代表取締役 小林 晋也


<1つ前の記事はこちら>

<安部氏>
一極集中の話で言うと、何十年か前にインターネットが出てきたときに、みんなこれからはオンラインで仕事をするから都会に住まないんじゃないかと言っていたんです。でも全然そっちにはいかなくて、実際に数字で見るとどんどん都内への集中が加速していますよね。

それは、ある程度集まった方がやっぱり効率的だからですよ。
例えば100年とか前の話だって里山に人が沢山いたのって合理性があるわけですよ。何故かというと、災害とか有事の時に水がなくなったとか、道がふさがれても、里山の場合は自活をしていけるので。

社会インフラの弱いときは集中をすると損するから集まんないほうがいいよねと。
一方で頑強な社会インフラが進めば進むほど都市化が進む。

そうすると現代における一極集中って普通の人間として合理的な判断なわけです。なので、僕の中で言うと一極集中が問題というよりは、地方から都会が人の意欲を搾取しているのが問題かなと思うんですね。

僕は問題の可視化が解決に直結すると考えている人間なので、わかりづらい問題ほど定量化したり見える化するのが大事だと思っているんですよね。例えば世帯の所得と学力の格差の問題ってありますよね。ああいうのも世帯年収と学力の問題が相関関係にあることがしっかり可視化されてくるからこそ、それを直そうっていう動きが出てくるじゃないですか。

一方でそういった可視化が非常に難しい問題が何かっていうと、モチベーションの奪い合いだと思っています。北海道にいる人たちもそうだと思うんですけど、中学校とか高校で凄く優秀な人間がいたら大体が札幌に行ったり東京に行ったりするじゃないですか。

1340.png
<モデレーター:小林>
そうですね、帯広の人だったらある高校に行ったら北大にいくかパターン化されますね。


<安部氏>
うちも社員の一人に旭川出身の人間がいますけど、いま東京に来て東京の会社で働いているわけですよね。

彼は北海道に戻りたいとも言っていますけど、結局やる気のある人たちって早くからトーナメント戦を札幌なり仙台なり東京なりで戦い、やる気がなくなるまでとにかくすり減らされるんです、歯車として。やる気がなくなった後に帰ってくることが多いんですね。
逆にいうと、やっぱり都会には人のモチベーションを惹きつけるものがある。

これからの時代って能力の高さよりも、やる気がある人間が貴重な資源になると思っています。
やる気がある、意欲があるっていう人間を意図して搾取するという仕組みが地方と都会の関係性としてすごい存在している気がしていて、こっちが問題だなと思うんですね。
一極集中みたいなのは集中したほうが効率よくなるはずなので一定の合理性があるんだけれども。


やる気があるできる人を課題とかの最前線で向き合ってもらったほうが、社会全体として最適化されるじゃないですか。


<モデレーター:小林>
組織の中で人がモチベーションを抑えてしまうというか、ある程度仕事の上限が決まるから搾取っていうニュアンスですか?


<安部氏>
そうです。もっというと地域でも同じだと思っていて、地域によってクローズなコミュニティとオープンなコミュニティがあるじゃないですか。

地域おこし協力隊って、人を出しても結果的に廃人にして返す地域と、すごいいいキャリアステップになっている地域がありまして。

あれダメな地域は本当にダメなので。僕あれ早く淘汰したいと思っているんですよね。
やる気のある人間の流動性が高まるような状態にしてしまって、各地域が受け入れられるような形にしてしまいたい。

そうすると来る人が地域を選ぶ側になるじゃないですか。
そのコミュニティはダメだとか、行ったらとにかく愚痴られるとかやる気つぶされるぞっていう感じになってくると、その地域に人が行かなくなるんですね。で、私は移住の事業とかやってるんですけど、意欲を促進して人のやる気を高められる、チャレンジしがいのある、そういう地域や組織っていうのがより残っていく感じを作っていけたらいいなと思っています。

<連載第6回:両パネラーが考える、役所の問題点>

この記事をシェアする

メールでのお問い合わせ

酪農・畜産生産者さま以外の方はこちらからお問い合わせください

お名前 必須
会社名・牧場名 必須
メールアドレス 必須
電話番号
都道府県
市区郡
飼育頭数
経営形態
お問い合わせ内容 必須

以下の個人情報のお取り扱いについてご同意の上、送信ボタンをクリックしてください。

株式会社ファームノート(以下、「ファームノート」といいます)は、お客様がファームノートWEBサイト又はファームノートの提供するサービスをご利用される際に開示していただく、お客様の氏名、住所、電話番号、メールアドレス等の情報や、サービスのご利用の履歴等(以下、「個人情報」といいます)を取得させて頂く場合がございます。
ファームノートは、個人情報保護法の趣旨のもと、このプライバシーポリシーに則って個人情報を取り扱います。

1.個人情報の利用目的について

ファームノートは個人情報を以下の目的で利用させていただきます。
1.ファームノートの事業活動の実行、改善及び変更等をする際に利用させていただきます。
2.お客様への資料の発送、お問い合わせのご回答などに、氏名、住所、電話番号、メールアドレスなどの連絡先情報を利用します。
3.お客様にファームノートが行うキャンペーンや商品・サービスのご案内をするために、ご利用された履歴や、お客様の氏名、住所、電話番号、メールアドレスなどの連絡先情報を利用します。
4.ファームノートのサービス改善を行うために、お客様から寄せられたご意見やアンケートの結果、ご利用履歴・お問い合わせ履歴などを利用します。

2.個人情報の管理について

ファームノートは以下の体制で個人情報を管理します。
1.個人情報保護法やガイドラインに従って必要な内部体制を整備し、従業員から個人情報の取扱を適正に行う旨の誓約書を取得します。
2.個人情報の利用を業務上必要な職員だけに制限し、個人情報が含まれる媒体などの保管・管理などに関する規則を作り、個人情報保護のための予防措置を講じます。
3.システムに保存されている個人情報については、業務上必要な職員だけが利用できるようアカウントとパスワードを用意し、アクセス権限管理を実施します。なお、アカウントとパスワードは漏えい、滅失のないよう厳重に管理します。
4.サービスに支障が生じないことを前提として、個人情報の受領時からファームノートが定める期間経過後、ファームノートの判断において個人情報は随時削除していきます。

共同利用

ファームノートは、利用目的の達成に必要な範囲で、個人情報をファームノートのグループ会社と共同利用いたします。なお、ファームノートのグループ会社とは、株式会社ファームノートホールディングス及びその子会社(株式会社ファームノートホールディングスが議決権の過半数を直接又は間接に保有する会社をいいます。)を意味します。

共同利用される個人情報の項目は、お客様の氏名、住所、電話番号、メールアドレス、サービスのご利用の履歴などお客様によるサービスのご利用によりファームノートのグループ会社が取得させていただく情報です。
共同利用の目的は、上記の「個人情報の利用目的について」に記載された利用目的と同じです(但し、共同利用の利用目的については、「ファームノート」を「ファームノートグループ」と読み替えるものとします)。
共同利用における管理責任者は、ファームノートとなります。お問い合わせについては、お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

個人情報の開示について

1.ファームノートは、お客様の同意がない限り、個人情報を第三者に開示することはありません。ただし、以下の事例に該当する場合はその限りではありません。

・法令に基づき裁判所や警察等の公的機関から要請があった場合

・法令に特別の規定がある場合

・お客様や第三者の生命・身体・財産を損なうおそれがあり、本人の同意を得ることができない場合

・法令やファームノートの利用許諾 ・注意事項に反する行動から、ファームノートの権利、財産 またはサービスを保護または防禦する必要があり、本人の同意を得ることができない場合

2.お客様から個人情報の開示要請があった場合は、本人であることが確認できた場合に限り開示します。

注:本人確認の方法
本人であることが証明できるもの(免許証、保険証など)の写しを、ファームノート宛にご郵送してください。内容を確認させていただき、本人であることが明確になり次第、開示させていただきます。

5.苦情、ご質問やご提案について

苦情、ご質問やご意見がございましたらお問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。