【全11回】革新を創造する。次世代経営者とビジョン⑨

<連載第9回:6次化のヒント>

インターネットの発達によって産業構造が大きく変化している時代の中で、経営に求められるものも同様に大きく変わってきています。そんな中、注目を集める次世代経営者の方々はどのような考えでイノベーションを起こそうと努力されているのでしょうか。

2017年12月に北海道帯広市にて開催を致しました「ファームノートサミット2017 Winter」にて、有限会社一平(九州パンケーキ)村岡代表と株式会社BAKE 長沼会長にそのお考えや目指すビジョンについてお話を伺ったパネルディスカッションです。


スピーカー

有限会社一平 代表取締役 村岡 浩司 氏
株式会社BAKE 会長 長沼 真太郎 氏


モデレーター

株式会社ファームノートホールディングス
代表取締役 小林 晋也


<1つ前の記事はこちら>

<長沼氏>
たぶんいいものでも、そのプロダクトだけが良くて、それを見せるまでのプロダクト開発ができていないのではないでしょうか。

パッケージ、WEBサイト、あとは店舗などの商品周辺もしっかりやらないといけないんです。そして伝えるためのSNSのコンテンツとか、商品だけじゃないコンテンツへの投資が弱いんではないかなと。それはストーリーづくりもそうですけど。


<モデレーター:小林>
結局パッケージがいいとかって顧客体験じゃないですか?手に取ってみたときに「わぁっ!」とか店舗で見たときに買ってみよう、とか。そういう体験づくりって結構意識してるんですか?


<長沼氏>
意識しています、そこが肝だと思っています。ストーリー作りを含めて、お菓子の場合は半分以上がそこだと思っています。買うときのワクワク感とか。


<モデレーター:小林>
これ、6次化のヒントになるんじゃないですか?


<長沼氏>
はい、あとはもうひとつ。我々って出店場所を超一等地に絞り込むんです。本当に一番トラフィックがあるところ。一等地に出すには、ある程度リスクも必要なんですけど、何か売る時に何かリスクは背負わなければいけないと。でないと、そもそもスタートダッシュできないと思っているんで。中途半端ではなくて、ある程度リスクをとって前に出るということです。


<モデレーター:小林>
村岡さんどうですか?


<村岡氏>
国とか行政がやっている海外商談会に参加するってちょっと逆じゃないですか?
大事なことはしっかりと意識をもってブランドをつくっていきながら、自分たちの考える戦略通りにコトを進めていくっていうことでしょう。その過程でパートナーとの出会いの機会をしっかりと設計してくことが大事。ある時にはポテンシャルのあるパートナー候補がアプローチしてくるのをしっかり待って、自己責任でフィルターしていくっていうことでしょ?
1315.png

(写真:村岡氏)


行政の行う輸出商談会に参加して、例えば1年間に1回とか2回、みんなで海外のフェアとかに出て行っても、ブランドを育てるもっとも大事な要素である「共感」を伴う出会いはそこには無いと思います。

向こうのバイヤーにとっては僕らはワンノブゼムになっちゃいますよね?モノを売るということであればアリだとしても、僕のようなタイプだと商談会での出会いの可能性は極めて低いと感じています。

だって全国47都道府県、約2,000の自治体が全部同じバイヤーさんを目がけてやってくるわけですよね。その中の一人になってしまう。こちらが真ん中にいて、向こう側の人たちをちゃんとフィルターしていく。一見逆に聞こえるアプローチだけど、考えてみたら当たり前ですよね。

例えばタリーズのブランドが欲しければシアトルに行くし、BAKEの原点を知りたければ北海道に行って会社見に行くしっていう、基本の行動ができるパートナーでなければ続かないような気がします。本当に「共感」を伴った出会いは一見では無理。


<長沼氏>
むしろ自分たちで行っちゃうと条件が厳しくなるんですよ。


<モデレーター:小林>
そうか、なめられる?


<長沼氏>
なめられるんですよ、全然商売にならない条件になっちゃうとか。一番ベストはやっぱり来てもらって、強気で交渉していい条件でっていうのがオススメではあります。


<モデレーター:小林>
来てもらうためにはどうすればいいかを考えようっていうことですね?


<長沼氏>
日本でまずは支持されるっていうのが一番必要だと思います。

【全11回】<連載第10回:これからのビジョン、挑戦>

この記事をシェアする

メールでのお問い合わせ

酪農・畜産生産者さま以外の方はこちらからお問い合わせください

お名前 必須
会社名・牧場名 必須
メールアドレス 必須
電話番号
都道府県
市区郡
飼育頭数
経営形態
お問い合わせ内容 必須

以下の個人情報のお取り扱いについてご同意の上、送信ボタンをクリックしてください。

株式会社ファームノート(以下、「ファームノート」といいます)は、お客様がファームノートWEBサイト又はファームノートの提供するサービスをご利用される際に開示していただく、お客様の氏名、住所、電話番号、メールアドレス等の情報や、サービスのご利用の履歴等(以下、「個人情報」といいます)を取得させて頂く場合がございます。
ファームノートは、個人情報保護法の趣旨のもと、このプライバシーポリシーに則って個人情報を取り扱います。

1.個人情報の利用目的について

ファームノートは個人情報を以下の目的で利用させていただきます。
1.ファームノートの事業活動の実行、改善及び変更等をする際に利用させていただきます。
2.お客様への資料の発送、お問い合わせのご回答などに、氏名、住所、電話番号、メールアドレスなどの連絡先情報を利用します。
3.お客様にファームノートが行うキャンペーンや商品・サービスのご案内をするために、ご利用された履歴や、お客様の氏名、住所、電話番号、メールアドレスなどの連絡先情報を利用します。
4.ファームノートのサービス改善を行うために、お客様から寄せられたご意見やアンケートの結果、ご利用履歴・お問い合わせ履歴などを利用します。

2.個人情報の管理について

ファームノートは以下の体制で個人情報を管理します。
1.個人情報保護法やガイドラインに従って必要な内部体制を整備し、従業員から個人情報の取扱を適正に行う旨の誓約書を取得します。
2.個人情報の利用を業務上必要な職員だけに制限し、個人情報が含まれる媒体などの保管・管理などに関する規則を作り、個人情報保護のための予防措置を講じます。
3.システムに保存されている個人情報については、業務上必要な職員だけが利用できるようアカウントとパスワードを用意し、アクセス権限管理を実施します。なお、アカウントとパスワードは漏えい、滅失のないよう厳重に管理します。
4.サービスに支障が生じないことを前提として、個人情報の受領時からファームノートが定める期間経過後、ファームノートの判断において個人情報は随時削除していきます。

共同利用

ファームノートは、利用目的の達成に必要な範囲で、個人情報をファームノートのグループ会社と共同利用いたします。なお、ファームノートのグループ会社とは、株式会社ファームノートホールディングス及びその子会社(株式会社ファームノートホールディングスが議決権の過半数を直接又は間接に保有する会社をいいます。)を意味します。

共同利用される個人情報の項目は、お客様の氏名、住所、電話番号、メールアドレス、サービスのご利用の履歴などお客様によるサービスのご利用によりファームノートのグループ会社が取得させていただく情報です。
共同利用の目的は、上記の「個人情報の利用目的について」に記載された利用目的と同じです(但し、共同利用の利用目的については、「ファームノート」を「ファームノートグループ」と読み替えるものとします)。
共同利用における管理責任者は、ファームノートとなります。お問い合わせについては、お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

個人情報の開示について

1.ファームノートは、お客様の同意がない限り、個人情報を第三者に開示することはありません。ただし、以下の事例に該当する場合はその限りではありません。

・法令に基づき裁判所や警察等の公的機関から要請があった場合

・法令に特別の規定がある場合

・お客様や第三者の生命・身体・財産を損なうおそれがあり、本人の同意を得ることができない場合

・法令やファームノートの利用許諾 ・注意事項に反する行動から、ファームノートの権利、財産 またはサービスを保護または防禦する必要があり、本人の同意を得ることができない場合

2.お客様から個人情報の開示要請があった場合は、本人であることが確認できた場合に限り開示します。

注:本人確認の方法
本人であることが証明できるもの(免許証、保険証など)の写しを、ファームノート宛にご郵送してください。内容を確認させていただき、本人であることが明確になり次第、開示させていただきます。

5.苦情、ご質問やご提案について

苦情、ご質問やご意見がございましたらお問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。