【全11回】革新を創造する。次世代経営者とビジョン⑧

<連載第8回:海外への事業展開>

インターネットの発達によって産業構造が大きく変化している時代の中で、経営に求められるものも同様に大きく変わってきています。そんな中、注目を集める次世代経営者の方々はどのような考えでイノベーションを起こそうと努力されているのでしょうか。

2017年12月に北海道帯広市にて開催を致しました「ファームノートサミット2017 Winter」にて、有限会社一平(九州パンケーキ)村岡代表と株式会社BAKE 長沼会長にそのお考えや目指すビジョンについてお話を伺ったパネルディスカッションです。


スピーカー

有限会社一平 代表取締役 村岡 浩司 氏
株式会社BAKE 会長 長沼 真太郎 氏


モデレーター

株式会社ファームノートホールディングス
代表取締役 小林 晋也


<1つ前の記事はこちら>

<村岡氏>
最初の数年間はいくつかの食コンテストにも出てたんですね。1年目に農林水産省さんがやっている食コンテスト「第1回地場もん国民大賞」で金賞をとったりとか。

ただ実際のところは、SNSの口コミが大きいと感じています。ご家庭で作ったパンケーキの写真をインスタとかで発信してもらったものを「この九州パンケーキって面白そう!」「美味しそう!」って口コミで広がっていった実感がありますね。家庭から広がった感じがします。


<モデレーター:小林>
テレビ取材もインパクトあったんじゃないですか?大々的に出たじゃないですか。


<村岡氏>
2016年6月にカンブリア宮殿に出ました。あれはちょっとしたミニバブルがやってきましたね(笑)
ただミニバブルが来ても出荷できる商品自体が無いんですよ。小麦だけだったらなんとかなるんだけど。あれが足りないとか、これが足りないとか。原料を全て九州だけで調達しているのと、ちょうど熊本の震災も重なって工場の稼働も悪くなっていました。

ローカルプロダクトって、急な需給に対応できないし、製造にも限界があります。でもそういうのもおもしろいですよね。地域に紐づいて、僕らは農業に片足突っ込んで、「ないから売れないんだよ」っていうワガママも、それはそれでしょうがないって思っています。

<モデレーター:小林>
いま海外ってキーワードがお二方から出たので聞きたいんですけど、海外に関してどうやって進めたかは会場の皆さんも興味があると思います。長沼さんどうですか?

海外への事業展開

<長沼氏>
我々が海外展開をし始めたのは案外早くて、最初は小さいのを2店舗東京に出したんですよ。3店舗目が香港なんですよ、いきなり。

もともと上海に会社を作りたいと思っていたので、最初っからグローバルにいこうっていうのを思っていたんですけど、香港に出してそこが大フィーバーしました。出店した香港の店舗で4時間待ちの大行列がおきて香港中の人が知るようなフィーバーを作れて。
1316.png

(写真:長沼氏)


香港ってアジアのハブなので、香港でうまくいくと他の国がものすごい入りやすくなります。いま海外8か国に店舗(注:イベント当時)がありますけど、そのうちシンガポールと中国が直営でそれ以外がFCのパートナーさんにお願いをしています。

パートナーさんが広げてくれたっていうのはすごく大きいです。パートナーさんをどうやって見つけているかというと、いまインバウンドで海外から富裕層の方が沢山いらっしゃるので。食べて頂いて、向こうから「やりたい」と。沢山の引き合いを頂くんですけど、そこから我々がピックアップをして、コンタクトをとって進めるっていう基本受け身でやっていたっていうのはありますね。


<モデレーター:小林>
それであれだけ拡大するっていうのは相当モノがいいとか、相当ブランドがよくないとできないですよね?おそらくさっきの再現性の高さというか。


<長沼氏>
よくいう話ですけど、今ってSNS社会じゃないですか? 基本的に我々は広告とか何もやっていないんですけど、モノさえ良ければ自然とSNSとかで広がるんですよね。だからどうやって広めるか、基本的にはプロダクトに集中しています。

プロダクトって商品だけじゃなくて、それを見せるための、我々であれば店舗であったりWEBであったりしますけど、そこに投資をしていいものさえ作れば勝手に広がっていくっていう風に思っています。


<モデレーター:小林>
いいものをつくれば売れるってよく聞く話じゃないですか?よく聞く話なんだけど、そういう人に限ってあんまりうまくいっていないような気がするんですけど、突き抜けていいもの作ったんですか?

【全11回】<連載第9回:6次化のヒント>

この記事をシェアする

メールでのお問い合わせ

酪農・畜産生産者さま以外の方はこちらからお問い合わせください

お名前 必須
会社名・牧場名 必須
メールアドレス 必須
電話番号
都道府県
市区郡
飼育頭数
経営形態
お問い合わせ内容 必須

以下の個人情報のお取り扱いについてご同意の上、送信ボタンをクリックしてください。

株式会社ファームノート(以下、「ファームノート」といいます)は、お客様がファームノートWEBサイト又はファームノートの提供するサービスをご利用される際に開示していただく、お客様の氏名、住所、電話番号、メールアドレス等の情報や、サービスのご利用の履歴等(以下、「個人情報」といいます)を取得させて頂く場合がございます。
ファームノートは、個人情報保護法の趣旨のもと、このプライバシーポリシーに則って個人情報を取り扱います。

1.個人情報の利用目的について

ファームノートは個人情報を以下の目的で利用させていただきます。
1.ファームノートの事業活動の実行、改善及び変更等をする際に利用させていただきます。
2.お客様への資料の発送、お問い合わせのご回答などに、氏名、住所、電話番号、メールアドレスなどの連絡先情報を利用します。
3.お客様にファームノートが行うキャンペーンや商品・サービスのご案内をするために、ご利用された履歴や、お客様の氏名、住所、電話番号、メールアドレスなどの連絡先情報を利用します。
4.ファームノートのサービス改善を行うために、お客様から寄せられたご意見やアンケートの結果、ご利用履歴・お問い合わせ履歴などを利用します。

2.個人情報の管理について

ファームノートは以下の体制で個人情報を管理します。
1.個人情報保護法やガイドラインに従って必要な内部体制を整備し、従業員から個人情報の取扱を適正に行う旨の誓約書を取得します。
2.個人情報の利用を業務上必要な職員だけに制限し、個人情報が含まれる媒体などの保管・管理などに関する規則を作り、個人情報保護のための予防措置を講じます。
3.システムに保存されている個人情報については、業務上必要な職員だけが利用できるようアカウントとパスワードを用意し、アクセス権限管理を実施します。なお、アカウントとパスワードは漏えい、滅失のないよう厳重に管理します。
4.サービスに支障が生じないことを前提として、個人情報の受領時からファームノートが定める期間経過後、ファームノートの判断において個人情報は随時削除していきます。

共同利用

ファームノートは、利用目的の達成に必要な範囲で、個人情報をファームノートのグループ会社と共同利用いたします。なお、ファームノートのグループ会社とは、株式会社ファームノートホールディングス及びその子会社(株式会社ファームノートホールディングスが議決権の過半数を直接又は間接に保有する会社をいいます。)を意味します。

共同利用される個人情報の項目は、お客様の氏名、住所、電話番号、メールアドレス、サービスのご利用の履歴などお客様によるサービスのご利用によりファームノートのグループ会社が取得させていただく情報です。
共同利用の目的は、上記の「個人情報の利用目的について」に記載された利用目的と同じです(但し、共同利用の利用目的については、「ファームノート」を「ファームノートグループ」と読み替えるものとします)。
共同利用における管理責任者は、ファームノートとなります。お問い合わせについては、お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

個人情報の開示について

1.ファームノートは、お客様の同意がない限り、個人情報を第三者に開示することはありません。ただし、以下の事例に該当する場合はその限りではありません。

・法令に基づき裁判所や警察等の公的機関から要請があった場合

・法令に特別の規定がある場合

・お客様や第三者の生命・身体・財産を損なうおそれがあり、本人の同意を得ることができない場合

・法令やファームノートの利用許諾 ・注意事項に反する行動から、ファームノートの権利、財産 またはサービスを保護または防禦する必要があり、本人の同意を得ることができない場合

2.お客様から個人情報の開示要請があった場合は、本人であることが確認できた場合に限り開示します。

注:本人確認の方法
本人であることが証明できるもの(免許証、保険証など)の写しを、ファームノート宛にご郵送してください。内容を確認させていただき、本人であることが明確になり次第、開示させていただきます。

5.苦情、ご質問やご提案について

苦情、ご質問やご意見がございましたらお問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。