【全11回】革新を創造する。次世代経営者とビジョン⑤

<連載第5回:チャレンジと困難>

インターネットの発達によって産業構造が大きく変化している時代の中で、経営に求められるものも同様に大きく変わってきています。そんな中、注目を集める次世代経営者の方々はどのような考えでイノベーションを起こそうと努力されているのでしょうか。

2017年12月に北海道帯広市にて開催を致しました「ファームノートサミット2017 Winter」にて、有限会社一平(九州パンケーキ)村岡代表と株式会社BAKE 長沼会長にそのお考えや目指すビジョンについてお話を伺ったパネルディスカッションです。


スピーカー

有限会社一平 代表取締役 村岡 浩司 氏
株式会社BAKE 会長 長沼 真太郎 氏


モデレーター

株式会社ファームノートホールディングス
代表取締役 小林 晋也


<1つ前の記事はこちら>

<モデレーター:小林>
ではこの勢いで次のセッションにいっちゃいますね。次のセッションは、チャレンジと困難。さっきの上海の話も、アメリカの話も困難だと思うんですよね。


チャレンジと困難


<村岡氏>
そもそもベイクってまだ4年半なんですか?


<長沼氏>
はい、4年半です。


<村岡氏><モデレーター:小林>
すごいですね!


<長沼氏>
実質、創業は4年半前なんですけど、一番最初はアプリとかを作っていたんですよ。ケーキを販売するためのアプリとか、エンジニアを抱えて。店舗事業を始めたのはその1年後なので、実質店舗事業をやって3年半くらいですね。


<モデレーター:小林>
3年半で70店舗でしたっけ?


<長沼氏>
正確に言うと65店舗ぐらいです。(注:イベント当時)
でも我々はシンプルなので、商品もひとつなので、かつ店舗も小さいんですよね。初期投資も少ないっていうのがあるので、非常にやりやすいモデルにはなっていると思います。


<モデレーター:小林>
再現性の高いモデルを作ったからこそ、多店舗ができるってことですね。


<村岡氏>
お聞きしたいんですが、再現性が高いとのことですが、ベイクの各店舗に個性があるじゃないですか?デザイン性がすごい尖っていて。フランチャイズとか多店舗展開をするときの常識ってこれまでは同じパッケージで、同じものを同じようにコピー&ペーストしていくのが常識だったと思うのですが、すこし違うような感じがするんですよね?


<長沼氏>
そこはとてもこだわっています。我々の場合はお菓子ですから、趣向性のある商品なのでデザインっていうのが確実にお菓子の価値を相当上げると思っているんですよ。だから、例えばつまらないデザインの店舗を毎回同じで出す、チェーン店化するっていうのはマズイなって思っています。
1321.png

(写真:長沼氏)


我々の店舗づくりでは、若手の建築デザイナーさんに頼んでデザインを毎回変えたりしています。デザインってものすごくコストパフォーマンスのいい投資だと思うんですよね。

店舗をつくるのに、デザイナーさんにある程度お金を払うんですけど、大したことないんですよ。新店舗の最初にかかる数百万円という投資が、価値のあるものだと思っているので、毎回デザインを変えてデザイナーさんも変えて、新しいデザインしているっていうのが理由です。


<モデレーター:小林>
ブランディングや店舗デザイン、あとは製造工程をシンプルにするってことで再現性も上げていると思うんですけど、オペレーションの部分はどうですか?例えば人が結構いるわけですよね?


<長沼氏>
一つの店舗で30人とか40人とかいます。


<モデレーター:小林>
マネジメント、結構大変じゃないですか?


<長沼氏>
マネジメントは結構大変ですね。ただ先ほど仕組み化って言いましたが、そもそも一つの商品しか扱わないっていうことと、ほぼ完成品を北海道の工場で作るので、店舗では最終加工だけにしています。そこまでスキルセットが必要ない工程にしています。

【全11回】<連載第6回:チャレンジと困難②>

この記事をシェアする

メールでのお問い合わせ

酪農・畜産生産者さま以外の方はこちらからお問い合わせください

お名前 必須
会社名・牧場名 必須
メールアドレス 必須
電話番号
都道府県
市区郡
飼育頭数
経営形態
お問い合わせ内容 必須

以下の個人情報のお取り扱いについてご同意の上、送信ボタンをクリックしてください。

株式会社ファームノート(以下、「ファームノート」といいます)は、お客様がファームノートWEBサイト又はファームノートの提供するサービスをご利用される際に開示していただく、お客様の氏名、住所、電話番号、メールアドレス等の情報や、サービスのご利用の履歴等(以下、「個人情報」といいます)を取得させて頂く場合がございます。
ファームノートは、個人情報保護法の趣旨のもと、このプライバシーポリシーに則って個人情報を取り扱います。

1.個人情報の利用目的について

ファームノートは個人情報を以下の目的で利用させていただきます。
1.ファームノートの事業活動の実行、改善及び変更等をする際に利用させていただきます。
2.お客様への資料の発送、お問い合わせのご回答などに、氏名、住所、電話番号、メールアドレスなどの連絡先情報を利用します。
3.お客様にファームノートが行うキャンペーンや商品・サービスのご案内をするために、ご利用された履歴や、お客様の氏名、住所、電話番号、メールアドレスなどの連絡先情報を利用します。
4.ファームノートのサービス改善を行うために、お客様から寄せられたご意見やアンケートの結果、ご利用履歴・お問い合わせ履歴などを利用します。

2.個人情報の管理について

ファームノートは以下の体制で個人情報を管理します。
1.個人情報保護法やガイドラインに従って必要な内部体制を整備し、従業員から個人情報の取扱を適正に行う旨の誓約書を取得します。
2.個人情報の利用を業務上必要な職員だけに制限し、個人情報が含まれる媒体などの保管・管理などに関する規則を作り、個人情報保護のための予防措置を講じます。
3.システムに保存されている個人情報については、業務上必要な職員だけが利用できるようアカウントとパスワードを用意し、アクセス権限管理を実施します。なお、アカウントとパスワードは漏えい、滅失のないよう厳重に管理します。
4.サービスに支障が生じないことを前提として、個人情報の受領時からファームノートが定める期間経過後、ファームノートの判断において個人情報は随時削除していきます。

共同利用

ファームノートは、利用目的の達成に必要な範囲で、個人情報をファームノートのグループ会社と共同利用いたします。なお、ファームノートのグループ会社とは、株式会社ファームノートホールディングス及びその子会社(株式会社ファームノートホールディングスが議決権の過半数を直接又は間接に保有する会社をいいます。)を意味します。

共同利用される個人情報の項目は、お客様の氏名、住所、電話番号、メールアドレス、サービスのご利用の履歴などお客様によるサービスのご利用によりファームノートのグループ会社が取得させていただく情報です。
共同利用の目的は、上記の「個人情報の利用目的について」に記載された利用目的と同じです(但し、共同利用の利用目的については、「ファームノート」を「ファームノートグループ」と読み替えるものとします)。
共同利用における管理責任者は、ファームノートとなります。お問い合わせについては、お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

個人情報の開示について

1.ファームノートは、お客様の同意がない限り、個人情報を第三者に開示することはありません。ただし、以下の事例に該当する場合はその限りではありません。

・法令に基づき裁判所や警察等の公的機関から要請があった場合

・法令に特別の規定がある場合

・お客様や第三者の生命・身体・財産を損なうおそれがあり、本人の同意を得ることができない場合

・法令やファームノートの利用許諾 ・注意事項に反する行動から、ファームノートの権利、財産 またはサービスを保護または防禦する必要があり、本人の同意を得ることができない場合

2.お客様から個人情報の開示要請があった場合は、本人であることが確認できた場合に限り開示します。

注:本人確認の方法
本人であることが証明できるもの(免許証、保険証など)の写しを、ファームノート宛にご郵送してください。内容を確認させていただき、本人であることが明確になり次第、開示させていただきます。

5.苦情、ご質問やご提案について

苦情、ご質問やご意見がございましたらお問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。