【全11回】革新を創造する。次世代経営者とビジョン②

<連載第2回:事業をおこしたキッカケ>

インターネットの発達によって産業構造が大きく変化している時代の中で、経営に求められるものも同様に大きく変わってきています。そんな中、注目を集める次世代経営者の方々はどのような考えでイノベーションを起こそうと努力されているのでしょうか。

2017年12月に北海道帯広市にて開催を致しました「ファームノートサミット2017 Winter」にて、有限会社一平(九州パンケーキ)村岡代表と株式会社BAKE 長沼会長にそのお考えや目指すビジョンについてお話を伺ったパネルディスカッションです。

スピーカー

有限会社一平 代表取締役 村岡 浩司 氏
株式会社BAKE 会長 長沼 真太郎 氏


モデレーター

株式会社ファームノートホールディングス
代表取締役 小林 晋也


<1つ前の記事はこちら>


事業をおこしたキッカケと味わった挫折


<長沼氏>
北海道の方がたくさんいらしゃっるので知っている方も多いと思うんですけど、「きのとや」っていうお菓子屋さんが札幌にあるんですけど、父親が経営をやってまして、元々お菓子屋の息子なんですよ。なので、元々実家が商売をやっていますので、学生の時から会社をやりたい、自分でやってみたいと思っていました。


<モデレーター:小林>
学生の時から思っていたんですか?


<長沼氏>
はい、学生時代から思っていました。大体、中学校とか高校ぐらいの時からですかね。
親からも自分でやったほうがいいぞって言われていましたので。大学を卒業して、商社に入りまして、商社を辞めて、まず上海で会社を作ったことがあるんですよ。上海でお菓子屋を。

結果的には大失敗をしてしまったんですけど、その時に上海でお菓子屋をやろうと色々と中国で活動していた時に、北海道のお菓子のポテンシャルをすごく感じたんですね。本当に求められているというか、食べたことはないんですけど、北海道のお菓子ってすごいおいしいんだよね、素晴らしいんだよねっていう方がすごく多かったんです。

ふと北海道のお菓子屋さんを見てみると、父親のお菓子屋もそうなんですけど、北海道のお菓子ってお土産が主力なんですよ。なので北海道で売らないと価値がないんです。北海道以外で販売してしまうと、価値がないので北海道以外でお菓子を販売しないんですね。

これってものすごい勿体無いと。こんなにポテンシャルがあるのに。より多くの人により多くのマーケットでお菓子を販売できたらいいのになっていう思いで、4年半前に原宿にひとりでアパートをかりて株式会社ベイクをつくりました。


<モデレーター:小林>
何故、上海に会社をつくったんですか?


<長沼氏>
上海は元々商社で働いていた時に、香港の投資家の女性が上海で大規模な牧場プロジェクトをやると、オーストラリアから中国に5,000頭の牛を運んで、そこで生乳を作って、乳製品を使ったお菓子屋をやりたいと。「お金を出すので、お前の実家はお菓子屋だろ?できるだろ?と。北海道のお菓子であれば何でもいいから、上海でお菓子屋やれ」っていうお話をもらったのが上海に行った理由です。


<モデレーター:小林>
その上海の方は随分気軽にというか、ライトすぎるような気がするんですけど・・・


<長沼氏>
私自身も完全に考えが甘かったですね。


<モデレーター:小林>
その経験が会社を作るにあたって、活きたんですか?


<長沼氏>
そうですね、とても活きました。
1325.png

(写真:長沼氏)


当時上海でやろうとしていたお菓子屋は、多種類の商品を出そうと想定していたんですよ。且つ中国で自分たちでパティシエを採用して作ろうと思っていましたが、もう大変なんですよ。海外でそれを実現するのが。

なのでその上海の経験で学んだのは、より多く拡大していくためにはビジネスモデルをものすごいシンプルにしないといけない。つまり商品をひとつに絞り込むだとか、商品を作るにしても現地で作るのは大変なので、まとめてセントラル工場を北海道に作って最終工程だけ海外でやるだとか、そうしたほうが拡大性がある、そういう仕組みづくりをしたほうがいいっていうのはすごい学んだことですね。

【全11回】<連載第3回:事業をおこしたキッカケと味わった挫折②>

この記事をシェアする

メールでのお問い合わせ

酪農・畜産生産者さま以外の方はこちらからお問い合わせください

お名前 必須
会社名・牧場名 必須
メールアドレス 必須
電話番号
都道府県
市区郡
飼育頭数
経営形態
お問い合わせ内容 必須

以下の個人情報のお取り扱いについてご同意の上、送信ボタンをクリックしてください。

株式会社ファームノート(以下、「ファームノート」といいます)は、お客様がファームノートWEBサイト又はファームノートの提供するサービスをご利用される際に開示していただく、お客様の氏名、住所、電話番号、メールアドレス等の情報や、サービスのご利用の履歴等(以下、「個人情報」といいます)を取得させて頂く場合がございます。
ファームノートは、個人情報保護法の趣旨のもと、このプライバシーポリシーに則って個人情報を取り扱います。

1.個人情報の利用目的について

ファームノートは個人情報を以下の目的で利用させていただきます。
1.ファームノートの事業活動の実行、改善及び変更等をする際に利用させていただきます。
2.お客様への資料の発送、お問い合わせのご回答などに、氏名、住所、電話番号、メールアドレスなどの連絡先情報を利用します。
3.お客様にファームノートが行うキャンペーンや商品・サービスのご案内をするために、ご利用された履歴や、お客様の氏名、住所、電話番号、メールアドレスなどの連絡先情報を利用します。
4.ファームノートのサービス改善を行うために、お客様から寄せられたご意見やアンケートの結果、ご利用履歴・お問い合わせ履歴などを利用します。

2.個人情報の管理について

ファームノートは以下の体制で個人情報を管理します。
1.個人情報保護法やガイドラインに従って必要な内部体制を整備し、従業員から個人情報の取扱を適正に行う旨の誓約書を取得します。
2.個人情報の利用を業務上必要な職員だけに制限し、個人情報が含まれる媒体などの保管・管理などに関する規則を作り、個人情報保護のための予防措置を講じます。
3.システムに保存されている個人情報については、業務上必要な職員だけが利用できるようアカウントとパスワードを用意し、アクセス権限管理を実施します。なお、アカウントとパスワードは漏えい、滅失のないよう厳重に管理します。
4.サービスに支障が生じないことを前提として、個人情報の受領時からファームノートが定める期間経過後、ファームノートの判断において個人情報は随時削除していきます。

共同利用

ファームノートは、利用目的の達成に必要な範囲で、個人情報をファームノートのグループ会社と共同利用いたします。なお、ファームノートのグループ会社とは、株式会社ファームノートホールディングス及びその子会社(株式会社ファームノートホールディングスが議決権の過半数を直接又は間接に保有する会社をいいます。)を意味します。

共同利用される個人情報の項目は、お客様の氏名、住所、電話番号、メールアドレス、サービスのご利用の履歴などお客様によるサービスのご利用によりファームノートのグループ会社が取得させていただく情報です。
共同利用の目的は、上記の「個人情報の利用目的について」に記載された利用目的と同じです(但し、共同利用の利用目的については、「ファームノート」を「ファームノートグループ」と読み替えるものとします)。
共同利用における管理責任者は、ファームノートとなります。お問い合わせについては、お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

個人情報の開示について

1.ファームノートは、お客様の同意がない限り、個人情報を第三者に開示することはありません。ただし、以下の事例に該当する場合はその限りではありません。

・法令に基づき裁判所や警察等の公的機関から要請があった場合

・法令に特別の規定がある場合

・お客様や第三者の生命・身体・財産を損なうおそれがあり、本人の同意を得ることができない場合

・法令やファームノートの利用許諾 ・注意事項に反する行動から、ファームノートの権利、財産 またはサービスを保護または防禦する必要があり、本人の同意を得ることができない場合

2.お客様から個人情報の開示要請があった場合は、本人であることが確認できた場合に限り開示します。

注:本人確認の方法
本人であることが証明できるもの(免許証、保険証など)の写しを、ファームノート宛にご郵送してください。内容を確認させていただき、本人であることが明確になり次第、開示させていただきます。

5.苦情、ご質問やご提案について

苦情、ご質問やご意見がございましたらお問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。