【全9回】獣医師に直接聞きたい!繁殖管理のベストプラクティス【終】

<連載第9回:農家さんの姿勢が変わることで日本の酪農・畜産が1.0から2.0に変わる。>【終】

本講演は2017年12月に北海道帯広市にて開催を致しました「ファームノートサミット 2017Winter」にて酪農・畜産それぞれの領域でご活躍中の獣医師の先生に、牧場経営にて重要となる「繁殖管理」に関するお話と、ご来場者さまの質疑応答にお応えしたプログラムです。


スピーカー

株式会社トータルハードマネージメントサービス
代表取締役 獣医師 佐竹直紀氏

株式会社Guardian
代表取締役 獣医師 伏見康生氏


モデレーター

株式会社ファームノート
プロダクトマネージャー 獣医師 平勇人


<1つ前の記事はこちら>

PGで子宮内膜炎の治癒率やVWP後の受胎率が非常に高まる

<伏見先生>
アンピシリンを1g分、生理食塩水50mlに溶かして子宮の中に手で注入してください。同時にフルニキシンの注射、あるいはジクロフェナクナトリウムというカプセルがあれば与えてください。子宮内膜炎が減っていきます。フレッシュチェックの時の子宮内膜炎が減りますね。


<佐竹先生>
農家さんがすぐ気づいて、簡単にできる処置として私が農家さんにオススメしているのは、分娩後1週間から10日くらいの牛で白や赤、ピンク色の粘液をベッドに垂らしている牛がいます。その牛にでPGを一発打って欲しいんですよね。

PGは黄体がないと効かないと言うイメージがあるが、分娩後2〜3週間までであれば黄体がなくてもPGっていうのは子宮収縮作用があるんですよ。ですからその段階でPG打ってやることで、子宮内膜炎の治癒率が非常に高まると私は決定的に思っています。我々獣医師が農場検診で巡回するときにだいたいフレッシュチェックは、分娩後20日から40日弱くらいで行われるんですよね。

そこでエコーで確認して、内膜炎の有無を確認しながらPGを打ったりするわけですが、その診断自体があやふやだっていうこともありますしその段階の処置が遅すぎるんですよ。獣医が検診の時に行って分娩後の10日後の牛を見て何かわかるかっていったら何もわからないんですよね。

ですから実際なにも診ないんですけど寝ている牛のちょっとでも綺麗じゃない何かが出ていたとすれば、その段階での処置は非常に効きます。その時は汚い粘液を出していても、そのあとの繁殖検診では驚くほどキレイということがよくあります。


<伏見先生>
私も全く同じところで提案したかったんですけど、分娩後二週間たったところで、石鹸で手をきれいに洗って膣に手を入れていただきたいんです。ほぼ全頭手を入れた方が僕はいいと思うんです。それで1頭でも子宮内膜炎が早く発見できればもう儲けたもんですよ。その牛のVWP後の受胎率なんかも大きく改善させることができる。

膣から手を入れるというのは、獣医師もやる方法なんですけど、膣粘液をひっぱってくるんですね、掻き出してくる。そうすると赤いワイン状なのか、白いマヨネーズ状なのか、マヨネーズが出ているけど大量に粘液が出ている状態なのか。おおきく3段階くらいに分かれると思うんですけど。

その最初の赤ワインであれば、とにかく子宮洗浄をちゃんとすることが重要になりますけど、後者二つのほうであれば、佐竹先生がおっしゃったように私もPGを使いますし、あるいはホーリン打ってオキシトシン打つ、というやり方もします。これだけで全く受胎成績が変わります。


<佐竹先生>
何日の時にフレッシュPGを打った牛と、フレッシュ期に問題がないと診断されてフレッシュPGを打たれなかった牛と、その後の空間日数がどうなるかと調査したことがあるんですが、実は問題があった牛に早期の処置をしている牛のほうがその後の受胎性がよかったという結果が出ちゃったことがたまにあるんです。なんせ早期治療が重要なんだっていうのは思いますね。


<モデレーター:平>
今回のセッション、伏見先生はまだまだ話したりないよって感じですね。 14.png


<伏見先生>
妊娠鑑定ももうみなさんエコー持って、自分でできます。
是非エコー買って、みなさん妊娠鑑定してください。いとも簡単です。


<佐竹先生>
私の顧問先でも、従業員の方はもう妊娠鑑定できますね。

最後に

<モデレーター:平>
残念ながらお時間となってしまいました。

繁殖管理のベストプラクティスということでお話してきましたが、お二方からの提言としては、農家さんの姿勢が変わることによって畜産が1.0から2.0に変わる。獣医師も変わっていくので、そのためにツールをうまく使って生産性の高い酪農・畜産を目指していきましょうということでした。

それでは本プログラムはこれにて終了とさせて頂きたいと思います。最後までご静聴頂きまして、誠にありがとうございました。

この記事をシェアする

メールでのお問い合わせ

酪農・畜産生産者さま以外の方はこちらからお問い合わせください

お名前 必須
会社名・牧場名 必須
メールアドレス 必須
電話番号
都道府県
市区郡
飼育頭数
経営形態
お問い合わせ内容 必須

以下の個人情報のお取り扱いについてご同意の上、送信ボタンをクリックしてください。

株式会社ファームノート(以下、「ファームノート」といいます)は、お客様がファームノートWEBサイト又はファームノートの提供するサービスをご利用される際に開示していただく、お客様の氏名、住所、電話番号、メールアドレス等の情報や、サービスのご利用の履歴等(以下、「個人情報」といいます)を取得させて頂く場合がございます。
ファームノートは、個人情報保護法の趣旨のもと、このプライバシーポリシーに則って個人情報を取り扱います。

1.個人情報の利用目的について

ファームノートは個人情報を以下の目的で利用させていただきます。
1.ファームノートの事業活動の実行、改善及び変更等をする際に利用させていただきます。
2.お客様への資料の発送、お問い合わせのご回答などに、氏名、住所、電話番号、メールアドレスなどの連絡先情報を利用します。
3.お客様にファームノートが行うキャンペーンや商品・サービスのご案内をするために、ご利用された履歴や、お客様の氏名、住所、電話番号、メールアドレスなどの連絡先情報を利用します。
4.ファームノートのサービス改善を行うために、お客様から寄せられたご意見やアンケートの結果、ご利用履歴・お問い合わせ履歴などを利用します。

2.個人情報の管理について

ファームノートは以下の体制で個人情報を管理します。
1.個人情報保護法やガイドラインに従って必要な内部体制を整備し、従業員から個人情報の取扱を適正に行う旨の誓約書を取得します。
2.個人情報の利用を業務上必要な職員だけに制限し、個人情報が含まれる媒体などの保管・管理などに関する規則を作り、個人情報保護のための予防措置を講じます。
3.システムに保存されている個人情報については、業務上必要な職員だけが利用できるようアカウントとパスワードを用意し、アクセス権限管理を実施します。なお、アカウントとパスワードは漏えい、滅失のないよう厳重に管理します。
4.サービスに支障が生じないことを前提として、個人情報の受領時からファームノートが定める期間経過後、ファームノートの判断において個人情報は随時削除していきます。

共同利用

ファームノートは、利用目的の達成に必要な範囲で、個人情報をファームノートのグループ会社と共同利用いたします。なお、ファームノートのグループ会社とは、株式会社ファームノートホールディングス及びその子会社(株式会社ファームノートホールディングスが議決権の過半数を直接又は間接に保有する会社をいいます。)を意味します。

共同利用される個人情報の項目は、お客様の氏名、住所、電話番号、メールアドレス、サービスのご利用の履歴などお客様によるサービスのご利用によりファームノートのグループ会社が取得させていただく情報です。
共同利用の目的は、上記の「個人情報の利用目的について」に記載された利用目的と同じです(但し、共同利用の利用目的については、「ファームノート」を「ファームノートグループ」と読み替えるものとします)。
共同利用における管理責任者は、ファームノートとなります。お問い合わせについては、お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

個人情報の開示について

1.ファームノートは、お客様の同意がない限り、個人情報を第三者に開示することはありません。ただし、以下の事例に該当する場合はその限りではありません。

・法令に基づき裁判所や警察等の公的機関から要請があった場合

・法令に特別の規定がある場合

・お客様や第三者の生命・身体・財産を損なうおそれがあり、本人の同意を得ることができない場合

・法令やファームノートの利用許諾 ・注意事項に反する行動から、ファームノートの権利、財産 またはサービスを保護または防禦する必要があり、本人の同意を得ることができない場合

2.お客様から個人情報の開示要請があった場合は、本人であることが確認できた場合に限り開示します。

注:本人確認の方法
本人であることが証明できるもの(免許証、保険証など)の写しを、ファームノート宛にご郵送してください。内容を確認させていただき、本人であることが明確になり次第、開示させていただきます。

5.苦情、ご質問やご提案について

苦情、ご質問やご意見がございましたらお問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。