【全9回】獣医師に直接聞きたい!繁殖管理のベストプラクティス⑤

<連載第5回:日本の酪農畜産をバージョン1.0から2.0に変える契機>

本講演は2017年12月に北海道帯広市にて開催を致しました「ファームノートサミット 2017Winter」にて酪農・畜産それぞれの領域でご活躍中の獣医師の先生に、牧場経営にて重要となる「繁殖管理」に関するお話と、ご来場者さまの質疑応答にお応えしたプログラムです。


スピーカー

株式会社トータルハードマネージメントサービス
代表取締役 獣医師 佐竹直紀氏

株式会社Guardian
代表取締役 獣医師 伏見康生氏


モデレーター

株式会社ファームノート
プロダクトマネージャー 獣医師 平勇人

日本の酪農・畜産をバージョン1.0から2.0に変える契機

<1つ前の記事はこちら>

<伏見先生>
成績向上で繁殖に限らず全体の話なんですけど、北海道でお仕事をいただいてくるようになって、一番驚いたことは繁殖なり治療なり、自分たちの牛の成績向上に対する取り組みのレベルが大きく他の地域と違うんですね。

どういうことかというと、自分たちでできることは自分たちで精一杯やるっていう気概を持った農家さんが北海道には非常に多いということです。
8.png

(右)伏見先生



基本的には注射だったり、直腸検査だったり、妊娠鑑定だったり、全身チェックだったり、そういったところを私たちというか、鹿児島では、本州のほかの地域もそうなんですけど、すべて獣医師に一任しているところって多いんですよね。

でもその姿勢って、獣医を呼んで獣医が改善していけば改善していくけれども改善しなかったら変わらないという、いかにも受け身な姿勢で下手すると農場の命運を獣医が握っていることがよくあるんですよね。

獣医に怠けられたら全然農場は伸びてこないんです。
かわいそうなことに今日めんどくさいから行かないよっていって、下手したら子牛が一頭死んだりするんですよ。そんな怠けた獣医に命運を任せている場合ではないって話をしたいんですね。

つまり自分たち発ではあるんだけれども、改善に対しての一番キーとなるところでは受け身できたんですよね。数十年全く変わっていないと思うんですよ、ところが北海道には資質を感じたんですよね。たとえば自分たちで注射できるのであれば、注射する、チェックも自分たちでやる。熱も測って診断もつける、あるいは妊娠鑑定もする、削蹄もする。

挙げたらきりがないと思うんですけど、それが日本の酪農・畜産をバージョン1.0から2.0に変える契機だと思うんですよ。そうすると獣医がやっていることは何も珍しいことではないし、なんら特殊ではないということがやり始めると気付くと思うんですよ。

獣医だからと言って指先の感覚が鋭敏なわけではないし、耳がいいわけではないです。
みなさんがやったら、農家さんがやったらほぼ全部できることですよね。あえて法律的な縛りがあるとしたら薬品を買えないとか、あるいは処置に対してお金が発生しないっていうだけで、そうじゃない限りは自分でやるべきっていうステージに今来ているんですよね。

酪農・畜産業では当たり前ですけど牛が主役であり、農家さんの土台がいかにしっかり大きくなるかがその上を描ける城というか、利益の部分を積み重ねることになります。

獣医の仕事を奪って土台がしっかりしてくると、獣医は今までやっていた獣医療じゃなくて妊娠鑑定や受精じゃなくて、別のことやらないといけなくなってくるんですよ。そうさせた方がいいんです。

そして農場のマネジメントをしていかに儲けるかの提案をしてくれるような役割に獣医も変えて、自分(農家さん)たちでできることをすべてやっていくと、そのための機器だとかセンサーだとか、いわゆるIT化なんですよね。

牛歩だとか牛温恵だとか、センサーデバイスが出てきたころからのろしはあがったんです。自分たちでやる時代ですよと、獣医に頼らなくていいですよ、ドーンとのろしが上がっているんですよ。それで思いっきり旗を振っているのがファームノートですよね。

自分たちで情報管理をしていかに戦略的にできるかが酪農・畜産をバージョン2.0にして、海外に負けない日本の強みにするカギかなと思っております。


<モデレーター:平>
まとめていただいて(笑)


<伏見先生>
すごい喋っちゃいましたね、すいません。(笑)

【全9回】<連載第6回:これからの牧場経営に必要なこと>

この記事をシェアする

メールでのお問い合わせ

酪農・畜産生産者さま以外の方はこちらからお問い合わせください

お名前 必須
会社名・牧場名 必須
メールアドレス 必須
電話番号
都道府県
市区郡
飼育頭数
経営形態
お問い合わせ内容 必須

以下の個人情報のお取り扱いについてご同意の上、送信ボタンをクリックしてください。

株式会社ファームノート(以下、「ファームノート」といいます)は、お客様がファームノートWEBサイト又はファームノートの提供するサービスをご利用される際に開示していただく、お客様の氏名、住所、電話番号、メールアドレス等の情報や、サービスのご利用の履歴等(以下、「個人情報」といいます)を取得させて頂く場合がございます。
ファームノートは、個人情報保護法の趣旨のもと、このプライバシーポリシーに則って個人情報を取り扱います。

1.個人情報の利用目的について

ファームノートは個人情報を以下の目的で利用させていただきます。
1.ファームノートの事業活動の実行、改善及び変更等をする際に利用させていただきます。
2.お客様への資料の発送、お問い合わせのご回答などに、氏名、住所、電話番号、メールアドレスなどの連絡先情報を利用します。
3.お客様にファームノートが行うキャンペーンや商品・サービスのご案内をするために、ご利用された履歴や、お客様の氏名、住所、電話番号、メールアドレスなどの連絡先情報を利用します。
4.ファームノートのサービス改善を行うために、お客様から寄せられたご意見やアンケートの結果、ご利用履歴・お問い合わせ履歴などを利用します。

2.個人情報の管理について

ファームノートは以下の体制で個人情報を管理します。
1.個人情報保護法やガイドラインに従って必要な内部体制を整備し、従業員から個人情報の取扱を適正に行う旨の誓約書を取得します。
2.個人情報の利用を業務上必要な職員だけに制限し、個人情報が含まれる媒体などの保管・管理などに関する規則を作り、個人情報保護のための予防措置を講じます。
3.システムに保存されている個人情報については、業務上必要な職員だけが利用できるようアカウントとパスワードを用意し、アクセス権限管理を実施します。なお、アカウントとパスワードは漏えい、滅失のないよう厳重に管理します。
4.サービスに支障が生じないことを前提として、個人情報の受領時からファームノートが定める期間経過後、ファームノートの判断において個人情報は随時削除していきます。

共同利用

ファームノートは、利用目的の達成に必要な範囲で、個人情報をファームノートのグループ会社と共同利用いたします。なお、ファームノートのグループ会社とは、株式会社ファームノートホールディングス及びその子会社(株式会社ファームノートホールディングスが議決権の過半数を直接又は間接に保有する会社をいいます。)を意味します。

共同利用される個人情報の項目は、お客様の氏名、住所、電話番号、メールアドレス、サービスのご利用の履歴などお客様によるサービスのご利用によりファームノートのグループ会社が取得させていただく情報です。
共同利用の目的は、上記の「個人情報の利用目的について」に記載された利用目的と同じです(但し、共同利用の利用目的については、「ファームノート」を「ファームノートグループ」と読み替えるものとします)。
共同利用における管理責任者は、ファームノートとなります。お問い合わせについては、お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

個人情報の開示について

1.ファームノートは、お客様の同意がない限り、個人情報を第三者に開示することはありません。ただし、以下の事例に該当する場合はその限りではありません。

・法令に基づき裁判所や警察等の公的機関から要請があった場合

・法令に特別の規定がある場合

・お客様や第三者の生命・身体・財産を損なうおそれがあり、本人の同意を得ることができない場合

・法令やファームノートの利用許諾 ・注意事項に反する行動から、ファームノートの権利、財産 またはサービスを保護または防禦する必要があり、本人の同意を得ることができない場合

2.お客様から個人情報の開示要請があった場合は、本人であることが確認できた場合に限り開示します。

注:本人確認の方法
本人であることが証明できるもの(免許証、保険証など)の写しを、ファームノート宛にご郵送してください。内容を確認させていただき、本人であることが明確になり次第、開示させていただきます。

5.苦情、ご質問やご提案について

苦情、ご質問やご意見がございましたらお問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。