卯野牧場

卯野聡明様 佳子様

酪農

Farmnote Colorご導入により発情発見率が上昇、初回授精平均日数も短縮を実現。
若いご夫婦と従業員で牧場経営をされていらっしゃる北海道・別海町の卯野牧場さまに、ご導入の感想や感じられた効果をお聞きしました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

弊社製品のご導入以前の課題は?

「発情兆候が微弱になり、見逃しの不安がありました。」

以前は管理システムを入れておらず、繁殖カレンダーの使用や繁殖検診を受けたり、牛の病歴も共済から発給される紙に手書きで書き込むくらいでした。情報がバラバラに管理されているので、個々の情報間に関連性がない状態。それを一元化して管理することで、牧場の状態を誰が見ても分かるようにしたいと考えていました。

発情発見に関しては、一日4回の見回りをしていましたが、乳量が上がってくるにつれ発情兆候が微弱になり、その時間も短くなっていましたので、見逃しがあるのではないかという不安がありました。

unofarm_2.png
弊社製品ご導入のきっかけは?
クラウド牛群管理システム「Farmnote」のことは2014年にファームノート社が主催するセミナーに参加して知ったのですが、当時はまだ自分たちの酪農事業においてIT機器やシステムを検討するタイミングではありませんでした。

2016年12月から夫婦二人で営農することとなり、また飼養頭数を増やしたことから、労働力が足りないという課題が出てきました。その労働力を雇用はなく安定して働く機器やシステムで補う方向で考えた時に、Farmnote Colorの発売時期でもあったので「せっかくなら以前から興味のあるファームノート社にしようか」と。その後すぐに近くのユーザーさんにお話を伺いに行き、決断するまでは早かったです。

unofarm_6.png
ご導入の決め手は?
他社製品も5社ほどリサーチしたのですが、管理ソフトも一緒に入れるとなるとFarmnoteが最適でした。スマートフォンで簡単に入力できるし、牛舎に設置するタイプではないので家でも見れるなど、使い勝手もバツグン。 また、iPadと監視カメラを導入したタイミングだったので、そうした他の機器とFarmnoteを連携させながら利用できる利便性も魅力的でした。

センサーデバイス「Farmnote Color」の方は、発情発見のみならず反芻を計測できるので、データを目で見ながらサイレントの発情や体調不良についてヒントを得られるのが良いと思いました。他の製品で価格はもっと安いものがありコストでは悩みましたが、FarmnoteとFarmnote Colorの連携、これからさらに進化していくシステムだと感じたこと、営業の方の丁寧なフォローなどトータルで考えて選びました。

unofarm_5.png

ご導入による効果は?

「Farmnote Colorがなければ、もっと子供との時間が取れていないと思います。」

実際に使用された使い心地や効果は?
やっぱりすごく便利で、データ管理がラクです。牛の履歴を追うのが簡単で、以前のようにいちいち膨大な紙のファイルをめくって調べる手間がかかりません。種付けの日や分娩日、休薬などの記録が自動的に画面に出てきて、自分で諸々の日数を計算する必要もありません。今まで「かかって当たり前」と思っていた手間が、かからなくなりました。
さらに、そうした様々なデータを酪農コンサルタントの方や獣医さん、授精師さんなど牧場外の人たちと共有することもスムーズにできるようになりました。発情発見に使っていた労力や時間も短縮され、発情発見率も7%前後上昇、日々改善中です。また、3産目以降の初回授精平均日数は11日短縮しています。導入した今となってはFarmnote / Farmnote Colorがない営農というのは考えられません。
また、仕事と家庭のバランスの面でも導入して良かったです。子供と公園で遊んでいても通知が届くので牛の様子が分かり、例えば授精師さんを呼ぶ段取りをその場で考えることができるなど、日常のなかで仕事がスムーズに進められます。忙しくて子供に接する時間がなかなか取れないのが現状ですが、Farmnote Colorがなければもっと子供との時間が取れていないと思います。

unofarm_3.png
導入されていない方へメッセージはありますか?
Farmnoteに限らず、IT機器の導入に対して最初はきっと抵抗感や、使い方などにも不安があると思いますが、使いだすとすごくラクになります。スマートフォンの操作などを通じてインターネットと触れる機会が増えることにより、入ってくる情報も増えるし、獣医さんなど外部の人に感覚ではなくデータの裏付けをもって話をすることができるので、牛に対してより適切な処置ができるようになりますよ。
ファームノート社の方もいろいろとサポートしてくれますし、進化し続ける発展性のある会社だと思うので、私たち農家は納得いくまで営業さんと話をして、他のユーザーさんともつながりを持って、わいわい営農を進めていけばいいのではないかと思っています。是非ユーザー仲間になりましょう!

(終)

unofarm_4.png
unofarm_1.png

卯野牧場

経営形態 酪農
飼養頭数 150頭(預託頭数を含まず)
Farmnote Color導入時期 2017年11月
所在地 北海道野付郡別海町
従業員規模 3名(取材当時)

Farmnote Colorを詳しく知りたい

酪農・畜産農家さま以外の方はこちらからお問い合わせください

お名前
会社名・牧場名
電話番号
メールアドレス
都道府県
市区郡
飼養頭数
経営形態

※お客様の個人情報については、株式会社ファームノートにおいて使用する可能性があります。 ご了承の上お申込みください。詳しくはこちらのプライバシーポリシーをご参照ください


このエントリーをはてなブックマークに追加

About Farmnote

株式会社ファームノートは「世界の農業の頭脳を創る」を理念とするスマート農業ソリューションカンパニーです。最先端の技術で農業の経営効率化を推進し、日本の強い農業と持続可能な地球の豊かさ、人々のよりよい「生きる」に貢献したいと考えています。

Farmnote、ファームノートは株式会社ファームノートの登録商標です。

Address

株式会社ファームノート
〒080–0847 北海道帯広市公園東町1丁目3-14
TEL:0155-67-6911(平日:10:00-18:00)

Social

Get it on Google Play Get it on Google Play