導入事例

井上牧場様(北海道紋別郡)

「育成での出荷が導入以前の約2倍に増えました。おかげで収益アップにもつながっています。」

弊社製品のご導入以前の課題は?

「繁殖成績が悪かったので、繁殖改善のための策を探していました。」

もともと万歩計タイプの発情発見装置を使っていましたが、全頭分は導入していなかったのでデータの正確さに欠けており、夫婦間の会話で「機器を付けるなら全頭だね」と話していたんです。また、万歩計タイプは足に装着するタイプだった為、着脱の手間がかかり「首に装着する機器があればいいな」と思っていました。

10411.png

-弊社製品ご導入のきっかけは?
ファームノート社の名前を最初にきちんと聞いたのは税理士さんからで、「こういうのがあるんだよね」とスマホで実際の画面を見せてもらいました。その後、お付き合いのある製薬会社さんからもファームノート社の情報を聞き、同社の営業の方を紹介していただいて、本格的にクラウド牛群管理システム「Farmnote」、センサーデバイス「Farmnote Color」について説明を受けました。ちょうど首に装着できる機器があればと思っていた時期だったこともあり、導入を決めました。

100.png
-ご導入の決め手は?
いろんな機器があると思うのですが、私たちが知る限りではFarmnoteのようにスマホで簡単に牛のデータを記録できたり、見れたりできるものはなく、発情に関する通知がスマホに届く点もとても気に入りました。また私はローテクな方で、決してIT製品に慣れているわけではありませんが、ミーハーで新しいことに関心があり、「地元(湧別)でまだ誰も入れていないなら、自分が入れてやろう!」という気持ちで導入しました。

ご導入による効果は?

「育成での出荷が導入以前の約2倍に増えました。おかげで収益アップにもつながっています。」

-実際に使用された使い心地や効果は?
実のことを言うと、最初はFarmnote Colorの装着方法を誤っていたこともあり、あまり効果を感じられませんでした。ただ、正しい着け方に変えると目に見えて結果が出てきました。導入して一年ほど経つ今では、「入れて間違いなかった」と思っています。それが一番の感想です。

今まで繁殖検診では「繁殖成績が悪い、発情を見つける必要がある」と言われていましたが、ずっと牛舎にいれるわけでもないし、目に見えない発情もあります。そういう人間の力だけでは足りない部分をFarmnote Colorが補ってくれています。以前はプログラム授精が大部分を占め、自然発情を見つけることがほとんどありませんでしたがFarmnote Colorを導入してからは、自然発情を見つけて人工授精するケースが3〜4割ぐらい増加。授精適期も分かるので、授精機会そのものだけでなく受胎率も上がりました。その結果、今までだったらハラミの出荷が年に1頭出せるか出せないかだったのが、ここ1年で5~6頭と大幅に増え、育成での出荷も以前の約2倍に増えました。おかげで収益アップにもつながっています。


101.png
利便性の面では自分たちが外出して家にいない時でも、スマホで牛の体調など様子がある程度分かるのが便利です。必要があれば獣医さんに連絡して処置を頼むなど、情報を得ると同時にその場ですぐに行動が取れます。また以前は、授精や分娩などのデータをいちいち台帳で確認していましたが、今はスマホでFarmnoteを見れば簡単に確認ができます。牛舎と家を往復するような手間もなくなりました。唯一の手間と言えば、スマホにポチポチとデータを入れることぐらい。うちの場合、機器を導入した一番の動機は繁殖成績の改善だったので、Farmnoteにも授精や分娩など繁殖管理に関するデータをメインで入れています。重要視している項目だけに絞り、細かいデータはあえて入れていません。


102.png
-導入されていない方へメッセージはありますか?
私たちはFarmnote / Farmnote Colorを通してIT機器が人間の「手助け」になることを実感しているので、他の農家さんにも、こういう機器があることを知ってもらえたらと思っています。ITというと、複雑そうで抵抗がある方もいらっしゃるかと思いますが、ITに不慣れでローテクな私でも難なく使えました。Farmnoteなら、スマホがあれば誰でも使えるんじゃないでしょうか?

他社の牛群管理システムは英語表示のものや、使いづらい画面のものが多いですが、Farmnoteは日本語で分かりやすく、初めてでも「多分ここかな」という感覚で使えるので「全く分からない」ということはありませんでしたよ。

うちは営農を始めて14年になりますが、営農は経験値が全てという世界ではなく、逆に経験だけでは分からないことも多いと考えています。そこで人間が気づかない部分を補うツールを導入したことで、より的確に対応できるケースが増えました。これからの時代はIT機器を積極的に活用した方がいいと思います。もっとたくさんの農家さんがFarmnote Colorを知って、利用者の仲間が増えたらいいですね!

(終)

104.png

会社紹介

会社名 井上牧場様(北海道紋別郡)
従業員数 ご家族4名での牧場運営(取材当時)
本社 北海道紋別郡

この記事をシェアする

メールでのお問い合わせ

氏名 必須
会社名 必須
部署名 必須

部署が無い場合は-を入力

役職 必須
メールアドレス 必須
電話番号
お問い合わせ内容 必須

以下の個人情報のお取り扱いについてご同意の上、送信ボタンをクリックしてください。

株式会社ファームノート(以下、「ファームノート」といいます)は、お客様がファームノートWEBサイト又はファームノートの提供するサービスをご利用される際に開示していただく、お客様の氏名、住所、電話番号、メールアドレス等の情報や、サービスのご利用の履歴等(以下、「個人情報」といいます)を取得させて頂く場合がございます。
ファームノートは、個人情報保護法の趣旨のもと、このプライバシーポリシーに則って個人情報を取り扱います。

1.個人情報の利用目的について

ファームノートは個人情報を以下の目的で利用させていただきます。
1.ファームノートの事業活動の実行、改善及び変更等をする際に利用させていただきます。
2.お客様への資料の発送、お問い合わせのご回答などに、氏名、住所、電話番号、メールアドレスなどの連絡先情報を利用します。
3.お客様にファームノートが行うキャンペーンや商品・サービスのご案内をするために、ご利用された履歴や、お客様の氏名、住所、電話番号、メールアドレスなどの連絡先情報を利用します。
4.ファームノートのサービス改善を行うために、お客様から寄せられたご意見やアンケートの結果、ご利用履歴・お問い合わせ履歴などを利用します。

2.個人情報の管理について

ファームノートは以下の体制で個人情報を管理します。
1.個人情報保護法やガイドラインに従って必要な内部体制を整備し、従業員から個人情報の取扱を適正に行う旨の誓約書を取得します。
2.個人情報の利用を業務上必要な職員だけに制限し、個人情報が含まれる媒体などの保管・管理などに関する規則を作り、個人情報保護のための予防措置を講じます。
3.システムに保存されている個人情報については、業務上必要な職員だけが利用できるようアカウントとパスワードを用意し、アクセス権限管理を実施します。なお、アカウントとパスワードは漏えい、滅失のないよう厳重に管理します。
4.サービスに支障が生じないことを前提として、個人情報の受領時からファームノートが定める期間経過後、ファームノートの判断において個人情報は随時削除していきます。

共同利用

ファームノートは、利用目的の達成に必要な範囲で、個人情報をファームノートのグループ会社と共同利用いたします。なお、ファームノートのグループ会社とは、株式会社ファームノートホールディングス及びその子会社(株式会社ファームノートホールディングスが議決権の過半数を直接又は間接に保有する会社をいいます。)を意味します。

共同利用される個人情報の項目は、お客様の氏名、住所、電話番号、メールアドレス、サービスのご利用の履歴などお客様によるサービスのご利用によりファームノートのグループ会社が取得させていただく情報です。
共同利用の目的は、上記の「個人情報の利用目的について」に記載された利用目的と同じです(但し、共同利用の利用目的については、「ファームノート」を「ファームノートグループ」と読み替えるものとします)。
共同利用における管理責任者は、ファームノートとなります。お問い合わせについては、お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

個人情報の開示について

1.ファームノートは、お客様の同意がない限り、個人情報を第三者に開示することはありません。ただし、以下の事例に該当する場合はその限りではありません。

・法令に基づき裁判所や警察等の公的機関から要請があった場合

・法令に特別の規定がある場合

・お客様や第三者の生命・身体・財産を損なうおそれがあり、本人の同意を得ることができない場合

・法令やファームノートの利用許諾 ・注意事項に反する行動から、ファームノートの権利、財産 またはサービスを保護または防禦する必要があり、本人の同意を得ることができない場合

2.お客様から個人情報の開示要請があった場合は、本人であることが確認できた場合に限り開示します。

注:本人確認の方法
本人であることが証明できるもの(免許証、保険証など)の写しを、ファームノート宛にご郵送してください。内容を確認させていただき、本人であることが明確になり次第、開示させていただきます。

5.苦情、ご質問やご提案について

苦情、ご質問やご意見がございましたらお問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。

 

導入事例