導入事例

株式会社三重加藤牧場様(三重県四日市市・明和町)

「500頭以上の牛を一元管理したい」

弊社製品ご導入のきっかけは?

「500頭以上の牛を一元管理したい」

500頭以上の牛の情報をエクセルを使って管理しており手間がかかっていたため、パソコンなどで一元管理できるようなツールがあればと思っていました。

牛群管理のツールをネットで検索したところ、クラウド牛群管理システム「Farmnote Cloud」を見つけました。確かFarmnote Cloudがリリースされて半年くらいの頃だったかと思います。これは面白そうだと思いすぐに連絡を取り、導入に至りました。スマホを使って現場で入力できる点も便利ですし、若い人にとっても扱いやすく、就農のハードルを低くしてくれるだろうと考えました。


case_mie-kato-farm_1.jpg

実際に使用された使い心地や効果は?

「起立困難検知機能で、2頭助けられました」

Farmnoteを導入してからは、従業員が仕事の要領を得やすくなり、教える方も教えやすく楽になりました。すべき作業や治療の予定が表示され、種付けからシダー、発情チェック、空胎期間など繁殖管理の一連の流れや、個体の状況が一目でわかりますから、若い人でも1カ月程度で繁殖を管理する要領が得られるようです。言わばFarmnoteは "能力を移行する媒体"のようなもの。クラウド上にまとまったデータがあるので、データを共有して若い人と一緒に作業を実践しながら仕事を継承させることができます。一方、仕事を見て覚えたり、自分で情報や経験を集積してやり方を確立したりというような従来の方法では、何から何まで仕事を回せるようになるには5年以上はかかるでしょう。

また、IoTセンサーデバイス「Farmnote Color」の方では、起立困難検知機能のおかげで、これまで2頭救助することができました。通知がなければ失っていたと思います。たまたま倒れたところを目撃すれば起こすことはできますが、見てもいない時には救いようがありませんから、常に見張って異常を発見してくれるセンサーがあるのはありがたいです。

起立困難になる個体はだいたい目が飛び出てくるとか、背が垂れてくるというような傾向があります。そのようなサインを見たら気をつけている必要がありますが、そのあたりの判断は感覚やセンスの世界になってきます。そこをAIで補って数値を指標にすれば、個人の感覚やセンスは極端な話、不要になります。外国から来た方でも管理できるようになるはずです。


case_mie-kato-farm_2.jpg
導入されていない方へのメッセージはありますか?
この業界では勘やセンスが重要視されがちですが、それらに頼らず運営できるようにしていかなければ、事業継承もスムーズにはいきません。仕事を覚える速さ、素質、感覚などは人によって違いますし、ヒューマンエラーは常々起こるものです。給飼の仕方ひとつとっても、言葉で指示を出した場合、従業員によって受け取り方や理解の仕方が違います。いくら先輩の仕事や牛を目で見ていても必要な情報に気づけない、汲み取れない場合もあります。特に経営規模を拡大した場合は、個人の能力頼み、感覚任せでは経営は到底やっていけません。Farmnote・Farmnote Colorのようなツールを駆使し、数値をひとつの指標にすることで仕事全体の効率を上げる必要があると考えています。

また、将来に期待してFarmnote・Farmnote Colorを活用している側面もあります。よその牧場のデータも含めて膨大なデータがファームノート社さんに蓄積されていくことで、今後さらに検知の精度が上がり、さまざまな指標となる数値が出てくるでしょう。そういう将来性がファームノートの強みだと思います。

牧場のPRをお願いします。
三重加藤牧場では地域密着型循環システムに取り組んでおり、「粗飼料」となる「稲わら」や「麦わら」を周辺農家の方から回収させて戴く代わりに独自に精製した堆肥をそこへ散布しています。

牧場経営においては、従来の方法に固執せず、常に多方面からものを考えて、新しい方法を随時取り入れています。今後も可能性に挑戦し続けていくつもりです。就農希望の方、先進的な牧場で仕事をしたい方、一度私たちの牧場で研修してみませんか。

牧場・牛の膨大なデータの分析から、課題発見し改善につなげる

Farmnote ColorとFarmnote Cloudに蓄積された牧場と牛の情報を分析することで、牧場の課題を発見し、解決策が見えてきた。下記は、その一例で(株)三重加藤牧場様で牛の行動から見えてきた販売成績の傾向である。Farmnote ColorとFarmnote Cloudを利用してデータ分析をすることで、等級及びBMSと反芻データの相関が見られ、牛の肥育期間中に課題発見ができるため、肥育期間中の運営の改善につなげることができる。ファームノートは再現性の高い牧場運営を目指し、膨大なデータを使って課題発見に取り組んでいく。

〈総販売額による肥育後期の反芻比較〉
※ファームノート自社分析による

case_mie-kato-farm_graph_2.jpg

市場価値の高い牛

case_mie-kato-farm_graph_1.jpg

市場価値の低い牛

(終)

株式会社三重加藤牧場

経営・飼養形態 和牛肥育
飼養頭数 1,369頭
Farmnote Color導入時期 2018年2月
所在地 三重県四日市市・明和町
運営規模 18名 ※取材当時


会社紹介

会社名 株式会社三重加藤牧場様(三重県四日市市・明和町)

この記事をシェアする

メールでのお問い合わせ

氏名 必須
会社名 必須
部署名 必須

部署が無い場合は-を入力

役職 必須
メールアドレス 必須
電話番号
お問い合わせ内容 必須

以下の個人情報のお取り扱いについてご同意の上、送信ボタンをクリックしてください。

株式会社ファームノート(以下、「ファームノート」といいます)は、お客様がファームノートWEBサイト又はファームノートの提供するサービスをご利用される際に開示していただく、お客様の氏名、住所、電話番号、メールアドレス等の情報や、サービスのご利用の履歴等(以下、「個人情報」といいます)を取得させて頂く場合がございます。
ファームノートは、個人情報保護法の趣旨のもと、このプライバシーポリシーに則って個人情報を取り扱います。

1.個人情報の利用目的について

ファームノートは個人情報を以下の目的で利用させていただきます。
1.ファームノートの事業活動の実行、改善及び変更等をする際に利用させていただきます。
2.お客様への資料の発送、お問い合わせのご回答などに、氏名、住所、電話番号、メールアドレスなどの連絡先情報を利用します。
3.お客様にファームノートが行うキャンペーンや商品・サービスのご案内をするために、ご利用された履歴や、お客様の氏名、住所、電話番号、メールアドレスなどの連絡先情報を利用します。
4.ファームノートのサービス改善を行うために、お客様から寄せられたご意見やアンケートの結果、ご利用履歴・お問い合わせ履歴などを利用します。

2.個人情報の管理について

ファームノートは以下の体制で個人情報を管理します。
1.個人情報保護法やガイドラインに従って必要な内部体制を整備し、従業員から個人情報の取扱を適正に行う旨の誓約書を取得します。
2.個人情報の利用を業務上必要な職員だけに制限し、個人情報が含まれる媒体などの保管・管理などに関する規則を作り、個人情報保護のための予防措置を講じます。
3.システムに保存されている個人情報については、業務上必要な職員だけが利用できるようアカウントとパスワードを用意し、アクセス権限管理を実施します。なお、アカウントとパスワードは漏えい、滅失のないよう厳重に管理します。
4.サービスに支障が生じないことを前提として、個人情報の受領時からファームノートが定める期間経過後、ファームノートの判断において個人情報は随時削除していきます。

共同利用

ファームノートは、利用目的の達成に必要な範囲で、個人情報をファームノートのグループ会社と共同利用いたします。なお、ファームノートのグループ会社とは、株式会社ファームノートホールディングス及びその子会社(株式会社ファームノートホールディングスが議決権の過半数を直接又は間接に保有する会社をいいます。)を意味します。

共同利用される個人情報の項目は、お客様の氏名、住所、電話番号、メールアドレス、サービスのご利用の履歴などお客様によるサービスのご利用によりファームノートのグループ会社が取得させていただく情報です。
共同利用の目的は、上記の「個人情報の利用目的について」に記載された利用目的と同じです(但し、共同利用の利用目的については、「ファームノート」を「ファームノートグループ」と読み替えるものとします)。
共同利用における管理責任者は、ファームノートとなります。お問い合わせについては、お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

個人情報の開示について

1.ファームノートは、お客様の同意がない限り、個人情報を第三者に開示することはありません。ただし、以下の事例に該当する場合はその限りではありません。

・法令に基づき裁判所や警察等の公的機関から要請があった場合

・法令に特別の規定がある場合

・お客様や第三者の生命・身体・財産を損なうおそれがあり、本人の同意を得ることができない場合

・法令やファームノートの利用許諾 ・注意事項に反する行動から、ファームノートの権利、財産 またはサービスを保護または防禦する必要があり、本人の同意を得ることができない場合

2.お客様から個人情報の開示要請があった場合は、本人であることが確認できた場合に限り開示します。

注:本人確認の方法
本人であることが証明できるもの(免許証、保険証など)の写しを、ファームノート宛にご郵送してください。内容を確認させていただき、本人であることが明確になり次第、開示させていただきます。

5.苦情、ご質問やご提案について

苦情、ご質問やご意見がございましたらお問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。

 

導入事例