導入事例

Interview No.20

酪農、自家製造・販売

 2018年12月掲載

有限会社 阿部牧場様(熊本県阿蘇市)

「一概には言えませんが、受胎率も向上しており分娩間隔は導入前の424日から現在は390日です。」

詳しい事例を見る

Interview No.19

肉牛一貫

 2018年11月掲載

農業生産法人 株式会社野元牧場様(長崎県壱岐市)

「牧場スタッフとのコミュニケーションの質が変わりました。」

詳しい事例を見る

Interview No.18

酪農

 2018年11月掲載

田上牧場様(北海道大樹町)

「繁殖障害で廃用した牛が前年比で半数以下に、妊娠率も16%から19%に改善しています。」

詳しい事例を見る

Interview No.17

酪農(タイストール)

 2018年10月掲載

富澤牧場様(群馬県吾妻郡)

「授精回数が明らかに増えました。発情発見率に関して25%ぐらいは上がっていると思います。」

詳しい事例を見る

Interview No.16

酪農

 2018年10月掲載

井上牧場様(北海道紋別郡)

「育成での出荷が導入以前の約2倍に増えました。おかげで収益アップにもつながっています。」

詳しい事例を見る

Interview No.15

酪農

 2018年10月掲載

有限会社 坂本牧場様(大分県日田市)

「平均搾乳日数は200日から180日に。空胎日数も200日を超えていたのが、今は139日です。」

詳しい事例を見る

Interview No.14

酪農

 2018年10月掲載

須藤牧場様(群馬県前橋市)

「Farmnoteのデータを活かし、農場HACCP取得に向けて取り組んでいます。」

詳しい事例を見る

Interview No.13

肉牛一貫

 2018年10月掲載

児嶋牧場様(熊本県菊池郡)

「発情発見率は期待通りの8割以上を達成。分娩間隔も387日から370日に改善中です。」

詳しい事例を見る

Interview No.12

酪農

 2018年9月掲載

卯野牧場様(北海道別海町)

「Farmnote Colorがなければ、もっと子供との時間が取れていないと思います。」

詳しい事例を見る

Interview No.11

肉牛一貫

 2017年5月掲載

有限会社 福永畜産様(鹿児島県薩摩郡)

Farmnote Colorの導入で発情発見率が約2〜3倍になりました。発情兆候の通知異常から...

詳しい事例を見る

Interview No.10

肉牛一貫

 2017年3月掲載

株式会社 帆保畜産様(熊本県菊池郡)

Farmnoteを使ってスタッフへ的確に指示が出せるようになり、取引のスピードも上がり...

詳しい事例を見る

Interview No.09

酪農

 2016年11月掲載

農事組合法人 日昭牧場様(北海道大樹町)

これからもどんどん進化していくであろうFarmnoteにとても期待しています。

詳しい事例を見る

Interview No.08

酪農、自家製造・販売

 2016年11月掲載

有限会社 パインランドデーリィ様(北海道紋別郡)

特に便利なのが個体リスト。もはやこれなしでは牛の管理はできません。

詳しい事例を見る

Interview No.07

酪農

 2016年11月掲載

農事組合法人 三友農場様(北海道上川郡)

幼馴染である三代目たちで協力し、先人が築いてきた農場をよりよいかたちへ。

詳しい事例を見る

Interview No.06

酪農

 2016年11月掲載

有限会社 北広牧場様(北海道上川郡)

国内のツールで唯一牛の繁殖状況を正確に把握でき、従業員のモチベーションも...

詳しい事例を見る

Interview No.05

肉牛繁殖・肉牛一貫

 2016年11月掲載

有限会社コスモス様(北海道上川郡)

牛の管理の「見える化」のスピードが格段にアップ。新しい気付きも多数あり。革新的な...

詳しい事例を見る

Interview No.04

肉牛一貫

 2016年7月掲載

有限会社 梶岡牧場様(山口県美祢市)

これまで牛の繁殖肥育を継続してこられたのはFarmnoteのおかげ。畜産農家にとって...

詳しい事例を見る

Interview No.03

酪農

 2016年5月掲載

株式会社 山岸牧場様(北海道十勝士幌町)

Farmnoteが必要なツールであることをさらに広めて、日本の酪農を強くする手伝いをし...

詳しい事例を見る

Interview No.02

酪農

 2016年5月掲載

有限会社 竹下牧場様(北海道中標津町)

こんな時だからこそ、もっとよくする挑戦をしたい。次の大きな波がきた時にも、今蓄積...

詳しい事例を見る

Interview No.01

肉牛一貫

 2016年5月掲載

株式会社 なかやま牧場様(広島県)

経営、従業員、お客さま、そして牛のためにもFarmnoteしかない、と導入を決めました。

詳しい事例を見る

肉牛も酪農も。すべての経営形態で使えます。

Farmnoteは、酪農・肉牛(繁殖・育成・肥育)すべての経営形態で利用できます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

About Farmnote

株式会社ファームノートは「世界の農業の頭脳を創る」を理念とするスマート農業ソリューションカンパニーです。最先端の技術で農業の経営効率化を推進し、日本の強い農業と持続可能な地球の豊かさ、人々のよりよい「生きる」に貢献したいと考えています。

Farmnote、ファームノートは株式会社ファームノートの登録商標です。

Address

株式会社ファームノート
〒080–0847 北海道帯広市公園東町1丁目3-14
TEL:0155-67-6911(平日:10:00-18:00)

Social

Get it on Google Play Get it on Google Play