hironofarm_top.jpg

有限会社 広野牧場

広野代表 中川牧場長

酪農

酪農教育ファーム認証牧場として酪農体験の受入やジェラート、ピザの製造販売も手がける香川県三木町の有限会社広野牧場、広野代表(写真右)と中川牧場長(写真左)にFarmnote/Farmnote Colorご導入の感想や感じられた効果をお聞きしました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

弊社製品のご導入以前の課題は?

「社員数が増える中で、情報共有に課題がありました。」

広野代表  パーラーで飼養管理を行っていたのですが、社員数が増えていく中で「どうやって情報を共有していくか」という課題がありました。また、発情発見率は60%程度と決して悪くはなかったのですが、やはりその数値次第で経営状況がガラッと変わる重要なポイントということもあり、更なる発情発見率の向上を実現するためには「目視による発見だけでは足りない」ことを認識していました。

弊社製品導入のきっかけは?
広野代表  これからは管理ソフトや人工知能などによる、システムを駆使して酪農する時代になるだろうと感じていたので、それだったら早く慣れた方がいいかなと考えて導入を検討しました。また、人工知能が検知・蓄積する様々な情報を手に入れて今後の営農に役立てたいという思いもありました。そこでまずはクラウド牛群管理システム「Farmnote」をパソコン上で使い始めました。その後、センサーデバイス「Farmnote Color」も導入しています。

hironofarm_8.jpg
ご導入の決め手は?
広野代表  Farmnote Colorの方は他社製品とも比較をしましたが、すでにFarmnoteのクラウドサービスを使っていたため「インターフェイスが変わらない方がいい」という現場の声もあり、導入に至りました。また今後、ファームノート社なら時代に先駆けて色々な機能を開発してくれるだろうという期待も込めた先行投資でもあります。もし先々、体温が測れるとか牛を探せるとか、ビッグデータの中から欲しいデータをピックアップできるようになるとか、今以上に機能が進化したら言うことはありません。

ご導入による効果は?

「目視では発情に気がつかなかった牛が種付けまで進んだ時、改めて導入して良かったと感じます。」

hironofarm_7.jpg
実際に使用された使い心地や効果は?
中川牧場長  実はうちの場合、既存パーラーとFarmnoteの2カ所にデータを打ち込む必要があったのでスタッフにとっては手間が増えてしまったという側面があります。但しその一方で、牛の情報確認のために事務所と現場を往復するようなムダな労力はなくなり、結果的には導入して良かったと思っています。例えば以前は、検診などで個体の詳細について想定外の質問をされた場合に、確認のためにその都度事務所に戻るようなことがありました。今はそのようなことが無くなり、とても楽になりました。

入力の手間というデメリットよりも、最終的にクラウドにデータが全部残るメリットの方が大きいです。乳房炎が発生した時など、迅速な判断が必要な現場でもスマホでパッと個体の履歴を見ることができます。従来であれば台帳を溯って探さねばならず、時間が掛かっていたことを考えると、このスピード感の差は非常に大きいですね。

hironofarm_6.jpg
また発情発見に関しては、以前は牛舎を歩いて牛の状態を観察して、気になる牛を記録したり、乳量をチェックしたりすることで発見に取り組んでいました。今はFarmnote Colorからスマホにアラート通知が届くので、朝の搾乳が終わった段階でアラートが出ている牛とスタッフが目視で兆候を発見した牛と両方を洗い出し、処置を話し合って対処しています。

Farmnote Colorは人間が気がつかない兆候も検知しますが、うちではその牛についてもエコー検査などを行って検討を進めます。手間はかかるものの、これで取りこぼしが減り全体の1~3%でもFarmnote Colorによって発情を発見することができるのであれば、成果は大きいわけです。目視では気がつかなかった牛が種付けまで進んだ時に「導入して良かった」と改めて感じます。目視による発見も含め、現在の発情発見率は全体で67%です。(※取材当時)

hironofarm_2.jpg それから、Farmnote Colorの疾病疑いのアラートが来た牛に関しても特に注意して観察するようにしています。先日10㎏近く乳量が落ちた牛がいたので、Farmnoteを確認すると2日前に疾病アラートが出ていました。この機能を使い出して間もないので、疾病発見率などの結果はまだ出ていませんが、今後もっと有効活用できたらと期待しています。


導入されていない方へメッセージはありますか?
広野代表  Farmnoteを導入してみて、いつでもどこでも牛の情報を見ることができ、状況判断がしやすくなった点に最もメリットを感じています。それに加えてコストの面では、バージョンアップしてもユーザー側にコストがかからないのがいいですね。Farmnote Colorの方は、発情や疾病兆候など人間の労力だけでは気づけないところをいかに機械で補うか、という点が導入を検討する際の重要なポイントだと思います。

(終)

hironofarm_4.JPG

有限会社 広野牧場

経営形態 酪農
飼養頭数 経産牛290頭
Farmnote Color導入時期 2017年12月
所在地 香川県三木町
従業員規模 25名(取材当時)

価格は? 他の導入事例は?
Farmnote Color 資料請求(無料)

酪農・畜産農家さま以外の方はこちらからお問い合わせください

お名前
会社名・牧場名
電話番号
メールアドレス
都道府県
市区郡
飼養頭数
経営形態

※お客様の個人情報については、株式会社ファームノートにおいて使用する可能性があります。 ご了承の上お申込みください。詳しくはこちらのプライバシーポリシーをご参照ください


このエントリーをはてなブックマークに追加

About Farmnote

株式会社ファームノートは「世界の農業の頭脳を創る」を理念とする農業 ICTソリューションカンパニーです。最先端の技術で酪農・畜産の生産性向上と効率化を推進し、日本の強い農業と持続可能な地球の豊かさ、人々のよりよい「生きる」に貢献したいと考えています。

Farmnote、ファームノートは株式会社ファームノートの登録商標です。

Address

株式会社ファームノート
〒080–0847 北海道帯広市公園東町1丁目3-14
TEL:0155-67-6911(平日:10:00-18:00)

Social

Get it on Google Play Get it on Google Play