aokifarm_TOP.png

有限会社 青木ファーム

青木洋平様

肉牛繁殖・育成

北海道新冠町で肉牛繁殖・育成農家を営む、有限会社 青木ファーム 青木洋平様に Farmnote / Farmnote Color ご導入による感想や効果をお聞きしました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

弊社製品のご導入以前の課題は?

「分娩間隔の短縮、分娩後の初回授精平均日数の改善、そして発情発見に課題がありました。」

発情の見逃しの他に、そもそも発情が分かりにくい曖昧なケースがあり、そういう牛が何頭もいると記録を確認するのに結構な手間と時間がかかり、迷っている段階から人工授精に進むまでの作業が煩わしいんです。そのため、発情が分かりにくい牛に関しては人工授精を見送っていた部分がありました。

そういう曖昧な部分や見逃しを改善できればと考えていましたが、かといって人を雇うなど外部に頼る方法ではなく、自分自身でしっかり繁殖管理をできるようにしたいという思いがありました。それに発情に関しては牛の癖や独特の個体差も大きいので、人を増やしたところで課題解決はしないだろうと思い、それなら夜間も含め24時間牛を見てくれるIT機器を導入した方がいいと考えていました。
aokifarm_4.jpg
弊社製品ご導入のきっかけは?
うちに来ている開業獣医師さんから、ファームノート社が開催しているセミナーのことを聞きました。そのセミナーには参加できなかったのですが、自分なりにクラウド牛群管理システム「Farmnote」とセンサーデバイス「Farmnote Color」について調べてみたところ、機能性は勿論のことデザインも良く、最先端な感じがして好感を持ちました。

ご導入の決め手は?
導入する生産者に合わせて、使いやすいようにFarmnoteをカスタマイズできるところがいいなと思いました。
コストはネックになったのですが、スマホ1台あれば情報を全て管理できるメリット、それから人工知能による牛の個体差を考慮した検知精度を考えると、投資した分の元は取れるんじゃないかと思い導入に至りました。

aokifarm_6.jpg

ご導入による効果は?

「分娩後の初回授精平均日数は導入前よりも 40 日近く短縮されています。 導入から約半年でこの変化は、凄いのではないでしょうか。」

実際に使用された使い心地や効果は?
Farmnote Colorのおかげで、想像以上に夜間の発情が多いことが分かりました。
実際、計測対象の牛のほとんどが夜中に発情していました。それは人間の目では見つけにくい部分でした。Farmnote Colorを導入してから分かったことですが、導入前は10頭中少なくとも3頭は発情を見逃していたようです。


その他、Farmnoteの個体管理で牛の家系まで見られるのがいいですね。
繁殖牛が100頭を超えた頃から名前や血統の全てを記憶できなくなっていましたが、Farmnoteがあれば一目で分かります。他にも空胎日数、種付け回数、受胎率など欲しい情報が一目で分かります。また、分娩後の経過日数もすぐに分かるので、そういう情報を基に発情を誘起させるための治療など、何らかの処置をより積極的に行うようになりました。

その成果の1つだと思いますが、分娩後の初回授精平均日数は導入前よりも40日近く短縮されています。導入から約半年(※取材当時)でこの変化は凄いのではないでしょうか。

aokifarm_2.png

導入されていない方へメッセージはありますか?
Farmnoteのアプリは皆さん入れた方がいいと思います。
生産者の方はもちろん、農協などの地域の団体も含めて導入すると、必要な情報が広く共有できて更に有意義に使えると思います。また、自分も導入前はコストがネックになっていましたが、実際に導入した今は「導入して損はない」と思ってます。

自分自身で見なければならない牛の数も減っているし、現場でデータが見られるのですぐ処置もできる。作業が効率的になって時間にゆとりができました。精神的な部分でも不安が減って余裕を持った作業ができています。

今後のビジョンは?
繁殖牛が現在170頭近くですが、できれば今後1年くらいで200頭まで増やせればと考えています。また、同時に繁殖能力の改良にも取り組みたいと思います。

(終)

aokifarm_7.jpg

有限会社 青木ファーム

経営形態 肉牛繁殖・育成
飼養頭数 300頭
Farmnote Color導入時期 2018年3月
所在地 北海道新冠町
従業員規模 ご家族含め5名(取材当時)

価格は? 他の導入事例は?
Farmnote Color 資料請求(無料)

酪農・畜産農家さま以外の方はこちらからお問い合わせください

お名前
会社名・牧場名
電話番号
メールアドレス
都道府県
市区郡
飼養頭数
経営形態

※お客様の個人情報については、株式会社ファームノートにおいて使用する可能性があります。 ご了承の上お申込みください。詳しくはこちらのプライバシーポリシーをご参照ください


このエントリーをはてなブックマークに追加

About Farmnote

株式会社ファームノートは「世界の農業の頭脳を創る」を理念とする農業 IoTソリューションカンパニーです。最先端の技術で酪農・畜産の生産性向上と効率化を推進し、日本の強い農業と持続可能な地球の豊かさ、人々のよりよい「生きる」に貢献したいと考えています。

Farmnote、ファームノートは株式会社ファームノートの登録商標です。

Address

株式会社ファームノート
〒080–0847 北海道帯広市公園東町1丁目3-14
TEL:0155-67-6911(平日:10:00-18:00)

Social

Get it on Google Play Get it on Google Play