導入事例

川口畜産様(熊本県芦北町)

「授精適期も分かるので、受胎率の向上のみならず種付け予定が組めるので助かっています。仕事がスムーズになり、精神的にも楽になりました。」

弊社製品のご導入以前の課題は?

「自分1人では発情に目がいき届かないようになり、種付けの遅れや授精適期が分からない課題に悩んでいました。」

2015年4月から雌牛を牧場に導入するにあたり、市場での販売を目的に初妊牛の育成に取り組み始めました。当初、種付けは農協の職員の方にお願いしていたのですが、同年8月に私が人工授精師の免許を取得したこともあり、それを機に未経験の状態から自分で種付けをするようになりました。

ところが毎月10頭近くもの雌牛を導入していたため、段々と自分1人では発情に目がいき届かないようになり、種付けの遅れや授精適期が分からない課題に悩んでいました。
-弊社製品ご導入のきっかけは?
当時はとにかく発情発見に関して精神的に追い詰められており、「雌牛を導入したものの、これからどうなるのだろう」という不安がありました。そこで農協の職員の方に何か良いツールがないかと相談をしてみると、クラウド牛群管理システム「Farmnote」と センサーデバイス「Farmnote Color」を紹介してくださいました。

その後ファームノート社の営業の方が農協でセミナーを開催してくださり、製品の説明を聞いたところ「これだったら間違いない。すぐにでも使いたい」と即決。2017年11月に導入しました。

コストに関しては長年使い続ける機器であることを考えれば、それほど高いものではないと考えました。

kawaguchichikusan_1.png

ご導入による効果は?

「授精適期も分かるので、受胎率の向上のみならず種付け予定が組めるので助かっています。仕事がスムーズになり、精神的にも楽になりました。」

-実際に使用された使い心地や効果は?
種付け回数が減り、1回ないし2回くらいで、つくようになりました。

出荷頭数の方も変わってきており、現在は3か月に1回出荷するというペースを保つようにしています。目視での発情発見の場合、常に牛を見ている必要があります。以前は私1人で発情確認を行っていたのですが、他にも色々と仕事があるので牛を見る時間的な余裕がありませんでした。

Farmnote Colorを導入してからはデータを基にターゲットを絞って個体を見ることができるので、牛群全体を見回ることがなくなりました。今はFarmnote Colorを中心に仕事がまわっている感じですね。

また、うちでは夜間に始まる発情が6~7割を占めていますが、Farmnote Colorのおかげで授精適期も分かるので、受胎率の向上のみならず種付け予定が組めるので助かっています。以前は農協の職員の方に逐一連絡して来てもらうやり取りがあり、見てもらう牛が何頭もいるものだから他の作業ができないぐらい時間を取られていました。今は仕事がスムーズになり、精神的にも楽になりました。


あとは、活動量や休息量の数値の変化を見ることで、種が付いているかどうか妊娠鑑定の前におおよその判断ができたり、周期に合わない兆候のある牛は何かの異常を疑うことができたり、Farmnote Colorからの情報があるので何かと便利です。

Farmnoteで個体のデータも遡って見ることができるので、獣医さんに牛を診てもらう時にも役に立つと思います。こうした色々な情報が全て保存され、いつでも見ることができるということはとても大きなメリットです。きちんと記録をしていけば、「これさえあれば牛が管理できる」という状態がつくれますよね。それにもし携帯やパソコンが壊れたとしてもデータがクラウドに保存されているので大丈夫、という安心感もあります。

kawaguchichikusan_2.png

-導入されていない方へメッセージはありますか?
発情を目視でしっかり発見できている方、繁殖をうまく管理できている方もいらっしゃると思いますが、これから増頭していく牧場の場合、頭数が増えるほど発情の見落としも増えてくると思います。そこでFarmnote / Farmnote Colorを利用することで1頭毎の管理がより正確にできたり、受胎率の向上などの成果につながれば精神的なゆとりも出てくると思います。

特に新規で繁殖に取り組み始めた方や、さらに最良の状態を目指す向上心がある方にとっては、営農をサポートしてくれる良いツールになるはずです。少しでも悩んでいる方は早めに導入されると良いのではないでしょうか。

ただし、単に機器を導入するだけ、機器から通知を受け取るだけでは不十分です。
どうしたら上手に機器という道具を使えるか、どうデータを読み取るかということを利用者側も学びながら活用していくことが必要だと思います。

-今後のビジョンは?
繁殖牛を増やしていきたいですね。
その中から我が牧場で生まれた子牛は肥育牛として育成していければ、と考えています。

(終)

会社紹介

会社名 川口畜産様(熊本県芦北町)
従業員数 2名(取材当時)
本社 熊本県葦北郡芦北町

この記事をシェアする

メールでのお問い合わせ

氏名 必須
会社名 必須
部署名 必須

部署が無い場合は-を入力

役職 必須
メールアドレス 必須
電話番号
お問い合わせ内容 必須

以下の個人情報のお取り扱いについてご同意の上、送信ボタンをクリックしてください。

株式会社ファームノート(以下、「ファームノート」といいます)は、お客様がファームノートWEBサイト又はファームノートの提供するサービスをご利用される際に開示していただく、お客様の氏名、住所、電話番号、メールアドレス等の情報や、サービスのご利用の履歴等(以下、「個人情報」といいます)を取得させて頂く場合がございます。
ファームノートは、個人情報保護法の趣旨のもと、このプライバシーポリシーに則って個人情報を取り扱います。

1.個人情報の利用目的について

ファームノートは個人情報を以下の目的で利用させていただきます。
1.ファームノートの事業活動の実行、改善及び変更等をする際に利用させていただきます。
2.お客様への資料の発送、お問い合わせのご回答などに、氏名、住所、電話番号、メールアドレスなどの連絡先情報を利用します。
3.お客様にファームノートが行うキャンペーンや商品・サービスのご案内をするために、ご利用された履歴や、お客様の氏名、住所、電話番号、メールアドレスなどの連絡先情報を利用します。
4.ファームノートのサービス改善を行うために、お客様から寄せられたご意見やアンケートの結果、ご利用履歴・お問い合わせ履歴などを利用します。

2.個人情報の管理について

ファームノートは以下の体制で個人情報を管理します。
1.個人情報保護法やガイドラインに従って必要な内部体制を整備し、従業員から個人情報の取扱を適正に行う旨の誓約書を取得します。
2.個人情報の利用を業務上必要な職員だけに制限し、個人情報が含まれる媒体などの保管・管理などに関する規則を作り、個人情報保護のための予防措置を講じます。
3.システムに保存されている個人情報については、業務上必要な職員だけが利用できるようアカウントとパスワードを用意し、アクセス権限管理を実施します。なお、アカウントとパスワードは漏えい、滅失のないよう厳重に管理します。
4.サービスに支障が生じないことを前提として、個人情報の受領時からファームノートが定める期間経過後、ファームノートの判断において個人情報は随時削除していきます。

共同利用

ファームノートは、利用目的の達成に必要な範囲で、個人情報をファームノートのグループ会社と共同利用いたします。なお、ファームノートのグループ会社とは、株式会社ファームノートホールディングス及びその子会社(株式会社ファームノートホールディングスが議決権の過半数を直接又は間接に保有する会社をいいます。)を意味します。

共同利用される個人情報の項目は、お客様の氏名、住所、電話番号、メールアドレス、サービスのご利用の履歴などお客様によるサービスのご利用によりファームノートのグループ会社が取得させていただく情報です。
共同利用の目的は、上記の「個人情報の利用目的について」に記載された利用目的と同じです(但し、共同利用の利用目的については、「ファームノート」を「ファームノートグループ」と読み替えるものとします)。
共同利用における管理責任者は、ファームノートとなります。お問い合わせについては、お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

個人情報の開示について

1.ファームノートは、お客様の同意がない限り、個人情報を第三者に開示することはありません。ただし、以下の事例に該当する場合はその限りではありません。

・法令に基づき裁判所や警察等の公的機関から要請があった場合

・法令に特別の規定がある場合

・お客様や第三者の生命・身体・財産を損なうおそれがあり、本人の同意を得ることができない場合

・法令やファームノートの利用許諾 ・注意事項に反する行動から、ファームノートの権利、財産 またはサービスを保護または防禦する必要があり、本人の同意を得ることができない場合

2.お客様から個人情報の開示要請があった場合は、本人であることが確認できた場合に限り開示します。

注:本人確認の方法
本人であることが証明できるもの(免許証、保険証など)の写しを、ファームノート宛にご郵送してください。内容を確認させていただき、本人であることが明確になり次第、開示させていただきます。

5.苦情、ご質問やご提案について

苦情、ご質問やご意見がございましたらお問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。

 

導入事例