summit2016-suzui.jpg

ファームノートサミット2016に "ミスターどうでしょう" 鈴井 貴之氏がゲスト登壇決定

〜人工知能の専門家や上場企業社長などを迎え、北海道帯広市で開催〜

株式会社ファームノート(本社:北海道帯広市、代表取締役:小林 晋也)は、北海道最大級の農業カンファレンス「ファームノートサミット2016」を2016年11月30日(水)に北海道ホテル(北海道帯広市)で開催します。

今回、基調講演「Be Connected.」にスペシャルゲストとして"ミスターどうでしょう"こと鈴井 貴之氏(※1)の登壇が決定しました。ファームノート代表 小林 晋也と強い地方造りの可能性について対談します。

suzui.jpg

ファームノートサミットは、株式会社ファームノートが主催する北海道最大級の農業カンファレンスです。今年で6回目の開催となり、前回開催時には450名を超えるお客様にご来場いただきました。

今年のサミットのテーマは「Be Connected.」、つまり「つなげる」です。消費と生産をつなげる新しい形を作り上げた農業経営者、スマート農業の先駆者、若くして株式上場を果たした上場次世代リーダー、人工知能の先駆者をお招きし、人と人、人とモノ、人と農業、人とチャレンジ、人と人工知能をつなげることでどのような大きな価値が生まれるかをディスカッションします。その結果、農家・一般企業経営者へ新しいヒントを提供することを目的としています。

また、午前中には酪農の業界動向や技術を知れる「酪農技術最先端セミナー」も同時開催。酪農家に向けて粗飼料動向や乳房炎対策、最新の乳房炎ワクチンを専門家をお呼びしてお話しします。

株式会社ファームノートは、ファームノートサミットをきっかけに全国から多くの農家の方が集い「つながり」、最新のテクノロジーに触れる機会を増やすことで、農業・酪農・畜産業界の生産性向上に貢献にします。


イベント概要

  • 日時:2016年11月30日(水) 10:00〜18:30(午前9時00分開場)※途中からの参加も可能です。
  • 場所:北海道ホテル
  • 住所:〒080-0017 北海道帯広市西7条南19丁目1番地
  • 費用:無料・完全予約制
  • 定員:500名
  • 対象:農業経営者(畑作・酪農・畜産)、農産業関係者、一般企業経営者、学生、ITエンジニア
  • 主催:株式会社ファームノート、株式会社スカイアーク

お申し込みについて

ファームノートサミットの参加費用は無料です。下記の特設ページからお申込みください。

登壇者一覧

1. 生産と消費をつなぐ、次世代農業事例

  • 有限会社トヨニシファーム 代表取締役 小倉 修二様
  • 農業生産法人 株式会社GRA 代表取締役 岩佐 大輝様
  • 有限会社希望農場 代表取締役 佐々木 大輔様
  • 株式会社ファームステッド 代表取締役 阿部 岳様

2. 農業をつなぐ、スマートアグリ最前線

  • 株式会社NTTドコモ 第一法人営業部担当部長 上原 宏様
  • 東京大学大学院 情報理工学系研究科 准教授 川原 圭博様
  • 株式会社農業情報設計社 代表取締役 濱田 安之様
  • 株式会社ファームノート 代表取締役 小林 晋也

■テクニカルセッション 酪農技術最前線セミナー(1.2同時開催)

  • 粗飼料動向について - 兼松株式会社様
  • 乳房炎対策について - 麻布大学 准教授 河合 一洋様
  • 乳房炎ワクチンについて「スタートバック」について - 共立製薬株式会社様

3. Be Connected. 〜「生きる」を、つなぐ。〜

  • 株式会社ファームノート 代表取締役 小林 晋也
  • スペシャルゲスト 株式会社クリエイティブオフィスキュー 鈴井 貴之様

4. データをつなぐ、人工知能で変わる世界の在り方

  • 公立はこだて未来大学 副理事長 兼 複雑系知能学科 松原教授

5. 人工知能の活用法(仮)

  • ソフトバンク株式会社首席エヴァンジェリスト 中山 五輪男様

6. チャレンジがつなぐ、次世代リーダーのビジョン

  • 投資家 慶應義塾大学 SFC研究所 上席所員 千葉 功太郎様
  • 株式会社シフト 代表取締役 丹下 大様
  • 株式会社ファームノート 代表取締役 小林 晋也

(※1)鈴井貴之氏 プロフィール

1992年に「クリエイティブオフィスキュー」を設立。タレント、構成作家として「水曜どうでしょう」「ドラバラ鈴井の巣」(HTB)など、現在でも全国にて放送される北海道発のヒット番組を手掛ける。

株式会社ファームノートについて

ファームノートはスマート農業ソリューションを提供するITベンチャーです。「世界の農業の頭脳になる。」をビジョンに、人工知能とクラウドを活用して「Internet of Animals」を実現する牛向けウェアラブルデバイス「Farmnote Color」を開発しています。最先端の技術で農業の経営効率化を推進し、日本の強い農業に貢献します。

このリリースについてのお問い合わせ

株式会社ファームノート

担当:島田

電話番号:0155-67-6911

メール:info@farmnote.jp

このエントリーをはてなブックマークに追加

About Farmnote

株式会社ファームノートは酪農・畜産向けクラウドサービスに特化したITベンチャーです。「牧場を、手のひらに。」をビジョンに、いつでもどこでも牧場経営が出来る世界を目指しています。酪農・畜産業界の経営効率化をITで推進します。

Farmnote、ファームノートは株式会社ファームノートの登録商標です。

Address

株式会社ファームノート
〒080–0847 北海道帯広市公園東町1丁目3-14

Social

Get it on Google Play Get it on Google Play